フリーローン低金利!おすすめ銀行&消費者ローンと審査 by借りパパ

自由なお金を借りることができるフリーローン(カードローン)。スマホやネットで完結できるところも増えています。【借りパパ】調べのフリーローン低金利〈特集サイト〉です

*

フリーローンおすすめ銀行&消費者ローンの審査と金利

こんにちは。02.m-point2
当サイト管理人”借りパパ”です。
当サイト訪問者は「フリーローン低金利」で検索してきている方が多いので、まずそのニーズを満たすべく、最低金利の順番にフリーローン(カードローン)を並べた一覧表を紹介しますね!
お役に立てると幸いです^^

低金利フリーローン1番はどこ? 金利一覧表

金利 年 ローン名 限度額
1.99 % ~ 7.99 % 住信SBIネット銀行
カードローン/プレミアム
10万円~700万円
2.3 %~17.4 %
AUユーザーに金利優遇
じぶん銀行カードローン 10万円~800万円
3.0 % ~ 7.0 % みずほ銀行カードローン
エグゼクティブプラン
最大限度額
1,000万円
3.0% ~ 17.8% オリックス銀行
カードローン
最高800万円
3.0% ~ 18.0% モビット 1万円~800万円
3.5 % ~ 9.8 % 三井住友カード
ゴールドローン
10万円~500万円
3.5% ~ 14.0% みずほ銀行カードローン
コンフォートプラン
最大限度額
1,000万円
4.5% ~ 17.8% SMBCコンシューマー
ファイナンス(プロミス)
1万円~500万円
4.5% ~ 18.0% 新生銀行レイク 1万円~500万円
4.5% ~ 18.0% アイフル 1,000円~500万円
4.6% ~ 14.6% 三菱東京UFJ銀行
カードローン
1万円~500万円
4.7% ~ 18.0% アコム 1万円~500万円
4.9% ~ 14.5% 楽天銀行スーパーローン 1万円~500万円
6.47%~15.0% セゾンのカードローン 1万円~300万円
8.49 % ~ 14.29 % 住信SBIネット銀行カード
ローンスタンダード
10万円~300万円
9.5% ~ 18.0% ノーローン 1万円~300万円
上限18.0% セディナカードローン 1万円~200万円

↓↓↓

表を見て各カードローンの詳細を知りたくなった方は、
こちらの特集ページで各バナーをクリックしてページを開いてみてください。

↑↑↑

フリーローンの金利と審査 TOP

銀行はお金を預かってくれる機能と、お金を貸してくれる機能を果たしていますが、預金としてお金を預け入れてくれる人に対しては利息としてお金を支払って、反対にお金を貸し出す場合は金利として収入を得ているのですが、消費者金融と違って預金を運用しているという点で預金している人の信頼を損なわないようにすることが求められています。

銀行が提供しているローンのサービスにはいろいろありますが、その中でもフリーローンと呼ばれるローンについては金利が低く、さらには多目的な用途でお金を借りることができるようになっており、審査についても他のローンを利用する場合と同じように進んでいくため、要件を満たしていれば新規での借り入れができます。

フリーローンの金利や審査はそれぞれの銀行によって条件が異なっているので、少しでも金利が低いところや審査スピードが速いところでフリーローンの申し込みをしたい場合は事前に情報を集めておく必要があります。
フリーローン低金利/利子 利息が一番安い銀行/最安格安1番は?

フリーローンを利用することによってお金のピンチを乗り切ることができるだけでなく旅行やリフォーム、大型家具などを購入する際の費用としても使用することができるので、さまざまな面で考えてメリットがあります。

ただし、お金を借りることは言いかえれば借金をすることでもあるため、利用を検討している場合は借金をするための心得もきちんと知る必要があり、返済が滞った場合はブラックリストに名前が入るなどのリスクがあることも十分に知っておく必要があります。

また、お金を借りる場合は同時に完済までのプランも考えておく必要がありますが、急な出費が他で必要になることを想定すると余裕を持った返済プランを立てる必要があります。

借金を返すことができなくなった場合については債務整理などの借金整理が必要になると思いますが、借金整理にはいろいろな方法があるので借金の状態に応じて柔軟に選択してくことが重要なポイントになります。
af9920045399
フリーローンの金利と審査 30項目

フリーローンの基礎知識
01-01 フリーローンとは
01-02 カードローンとの違い
01-03多目的ローンとの違い
01-04 フリーローンのメリット
01-05 フリーローンのデメリット
01-06 お金を借りる際の注意点

フリーローンの金利の仕組み
02-01 金利が持つ意味
02-02 フリーローンの金利
02-03 銀行タイプ別のフリーローン金利
02-04 金利が変動するケース
02-05 借りる額によって変わる金利
02-06 金利と返済期間

フリーローンの審査について
03-01 推奨される事前の仮審査
03-02 借り入れに必要な本審査とは?
03-03 審査と年齢
03-04 審査と年収
03-05 審査と職業
03-06 フリーローン審査にかかる時間

タイプ別でみるフリーローンの金利と審査
04-01 学生のためのフリーローンの金利と審査
04-02 主婦のためのフリーローンの金利と審査
04-03 自営業のためのフリーローンの金利と審査
04-04 フリーターのためのフリーローンの金利と審査
04-05高齢者のためのフリーローンの金利と審査
04-06社会人のためのフリーローンの金利と審査

借金に対する注意点と対策
05-01 借金の管理
05-02 フリーローンが返せない場合の債務整理
05-03 複数のローンがある場合
05-04 金利の低いフリーローンへの乗り換え
05-05 借金地獄に陥りやすい人の特徴
05-06収入が減った場合や無くなる場合の対策

 

 

以下は違う元記事

フリーローンとは top

ショッピングではなくお金が必要になった時、個人売買などでまとまった金額でお金が必要なときなどにフリーローンを使うという方法があります。フリーローンとは、個人向けに借りられる使い道が自由なローンのことです。取り扱っている会社は銀行系だけではく、信販会社系や消費者金融系などの金融会社です。使い道は無限ですが、目的別ローンに比べるとやや金利が高めなことが特徴としてあげられます。ただし、最近では金利が低い会社もあります。そして、担保がいらないとか審査が簡単ということもありましたが、有担保型もあり、この場合不動産を担保にすることが多いということと、借入額の上限が高く金利が低めという特徴があります。フリーローンを申し込むときには審査というものがあります。審査とは支払い能力をみることなのですが、仕事や勤続年数、年収がみられます。もちろん、勤続年数が長いほうがいいです。最近では、銀行系でも学生も借りられたりしますし、主婦でも配偶者の収入で借りられたりします。他にも、持ち家かどうかや居住年数、家族構成、固定電話かどうかなどがみられます。そして、他社からの借り入れがどこからいくらあるのかや個人信用情報機関に金融事故情報の登録がないかをみられます。これは、過去に返済が遅れたことがないかや多重債務になっていないかを調べるのです。また、それぞれの金融機関によって特徴も違います。銀行系は金利は比較的低く、審査が厳しめであったり、消費者金融は審査が比較的審査が甘めで金利は高めだったり、信販系はクレジットカードを持っていれば利便性が高めだといわれています。それぞれを比較して使用目的にあった商品を選ぶことで活用の幅が大きく広がるのがフリーローンといえます。ただ、いずれにしても、きちんとした返済計画を持って借り入れることは重要なことです。必要以上に返済しきれないくらい無駄に借り入れることがないよう自己管理は必要でしょう。

フリーローンの審査・金利比較!労金・銀行の重要ポイント

フリーローンを借り入れようと思っている人はいろいろと会社によって、フリーローンの内容も違っていますから比較した上で選んだ方がいいです。まず比較するポイントは3つです。金利、そして次に限度額、審査です。この三つに重点を置いて比較するといいです。金利については、フリーローンの金利が会社によってずいぶん違っています。低いところで8%、高い所になると18%ですから、10%も違いがあるので、できるだけ低いところで借入するといいです。限度額についてはフリーローンの会社によっても違っています。1万円から200万円まで幅広くなっています。年収や種類によっては200万円から300万円まで借入れ可能なところもありますし、500万円まで借入れられるところもあります。比較して自分のニーズに合ったところで借入れをするとよいです。そして審査の厳しさについても会社によって違いますから、フリーローンを選ぶ際には審査が通りやすいかどうかも検討をした方がよいです。フリーローンはとても手軽で借入れしやすいそうですが、やはり金利が高いので、あれこれ会社を比較した上で選ぶようにすることが大切です。フリーローンとキャッシングはの違いですが、似ているように見えますが、2つには違いがあります。フリーローンはリボ払いになって、目的がなく使い道は自由で無担保です。キャッシングは翌月から支払うか、分割、または一括返済をすることになります。目的がない、自由に使える無担保であるという点については同じですが、フリーローンはローンを組むということでお金を借り入れる額が一度に大きい額を借り入れるという違いもあります。

フリーローンの落とし穴に注意!

借り入れも返済も手軽にできるフリーローンですが、手軽さゆえの落とし穴があることを知っていますか? 使い道を問われないフリーローンですから、目的意識のない借入れということになりがちです。そのため、お金を借りているという意識、返済しなければならないという意識が、薄くなってしまうケースです。いつでも返せる、困ったらもう少し借り入れする、あるいは、返したからまた借りる、それを繰り返してしまう場合がありるのです。30万~50万以上など、金額が大きくなれば、そういった考え方にはなり難いと思われますが、少額だからこその悪循環に陥ってしまうのです。なぜお金を借りるのか、どんな目的でお金が必要なのか、よく考えてみてください。本当に必要としているお金なのかどうかです。コンビニやインターネットを通じて、24時間借りることができ、24時間返済できるという「CONVENIENCE」(コンビニエンス)便利な時代になりました。便利になるということは、大変ありがたいことなのですが、やはりここでも落とし穴が存在します。少々割高とわかっていても、遅い時間でも開いているから、あるいは24時間開いているから行ってしまうという事実です。同じようにフリーローンの場合も、便利ではありますが利率が高めに設定されています。各社それぞれ異なる部分もありますから、じっくりと比較検討することをおススメします。くれぐれも、目的意識を忘れずに、何のために借りるのか良く考えてくださいね。

上手に使ってフリーローン

フリーローンはその名野通り様々なものに使える自由度が高く使う人によっては魅力があるローンです。銀行によっては有担保型と無担保型の設定があります。有担保型は不動産担保によって銀行型もリスク分を備えることができますので金利を抑えることができます。無担保ローンはその名の通り無担保ですので有担保より金利が高めに設定されています。これはリスクがそのままですので当然のことですね。フリーローン、自由度が高く魅力あるローンですが、実際どのように活用できるでしょうか。フリーローンといっても残念ですがどのようなものにも使えるわけではありません。教育ローンやマイカーローンよりも利用できる範囲は広いですが、やはり制限があります。見積書が出せないものや利用使途が明確でないものはにはフリーローンは使えません。例えば個人間取引や家賃や生活資金などには利用できません。そして見積もりが出せるものでも利用できないものもあります。それは事業者資金です。フリーローンは残念ながら事業資金には使えません。また株や為替取引のための資金といった投機性の高いものには利用できません。そして無担保フリーローンを利用する場合は年収の何パーセントと銀行によって設定があります。これらを除けば、人生の一代セレモニーである結婚資金などにも利用できます。また住宅を新築され、新しい家具などを揃える際にも利用できます。そして家族で旅行にいく際の旅行資金にも利用できます。

フリーローンを借りる時知っておきたいこと
フリーローンとは使途自由なローンのことで別名フリーキャッシングとも呼ばれています。このフリーローンはその使い道は自由ですが、他に比べて金利が高いことが欠点としてあげられるでしょう。ですから申し込むならなるべく金利の低いところを探してみてください。借入先は信頼度の点から言えば、銀行ローン、銀行消費者ローン、クレジットカードか消費者金融という順に低くなります。ただ簡単に借り入れできるところは金利が高く、金利が低ければ審査が厳しいのは仕方がないところです。そして使途によっては許可されていないものもあります。それは例えば株への投資、ゴルフ会員権の購入、土地建物購入資金、他社の借り換え資金など投機資金、事業資金にあたるものです。またフリーローンの申し込みの時には印鑑、本人確認書類(免許証・パスポートなど)、年収を確認する資料、資金使途を確認できる資料が必要となります。そしてその審査についてですが、今までの借り入れ・返済歴や収入、職業などで判断されます。そして過去の借り入れ・返済歴は情報が共有されているために初めての会社であっても嘘があればバレるのです。また過去において返済が滞るなどのことがあればさらに厳しいでしょう。ではここで悪徳業者か否かを見分ける方法について説明したいと思います。まずは登録許可に表示されている経営年数です。これは最大年数が8年となっていますが1となっているときは新規の会社かもしくは登録を抹消され再登録している悪徳業者である可能性があります。この経営年数で信頼度を見分ける手もありますので参考にしてみてください。
フリーローンでも審査は厳しい
フリーローンとはどのような目的でも利用できるローンのことです。その為なんとなく簡単に利用できそうに思う方も多いかも知れません。しかし、ローンですのできちんと審査はあります。毎月一定の収入があり、他に借り入れしているところがない成人の場合はほぼ審査は通ると思いますが、中には審査に通らない方もおられます。フリーローンの審査が通らない原因は、借り入れ件数が多い場合です。借り入れ金額が多いよりも件数が多いほうが審査に通りにくいそうです。これは借り入れ件数が多いということは、返済もままならず多重債務者になっているもしくは多重債務者になる可能性があるということなので、貸す側は敬遠してしまうのは納得できるのではないでしょうか。また、家族で住んでいる人よりも一人暮らしの場合のほうが審査に通りにくいそうです。一人暮らしの場合は突然連絡がとれなくなる可能性がある為に審査が厳しくなるそうです。フリーローンと名前だけ聞きますと、なんだか簡単にお金を借りることができそうなイメージですが、実際は他の住宅ローン等の目的別ローンと同じように審査は厳しいのは同じようです。審査が通っても金利は他の目的別ローンより高金利ですので、しっかり返済計画をたてないと後々苦しくなってしまいますので、フリーローンを利用してまで手に入れたいものなのか、急いで使いたいお金なのかをしっかりと認識し、安易な考えではなくきちんと考えて利用しなくてはいけないと思います。
フリーローンの活用方法について
こちらではフリーローンの上手な活用方法について、いくつかのポイントについてご紹介します。もし現在、住宅ローンの途中でも、実際には様々な費用がかかります。まずリフォームの場合は、リフォームローンといった比較的低金利のローンを利用することができます。また大学へ行くための費用は教育ローンがありますし、車の購入といった場合にはマイカーローンなど目的が決まっている際には、その用途に応じた低金利の貸付けローンが用意されているのです。しかし、急な出費の場合は困りますよね。貯金があるのであれば問題ないのですが、貯金はいざという時のためになるべく手を付けたくないものです。冠婚葬祭が続いた場合や、家電製品が故障した場合の修理費用などクレジットカードでキャッシングをしたりしていませんか?そのような場合には、金融機関のフリーローンを利用すると低金利なのでお得です。特に、住宅ローンをご利用している方は、制限はあるものの無担保だったり、金利を優遇されることが多いのです。長期間の住宅ローンを支払っていく途中には、様々な出費がでてくるでしょう。いざという時のために、確認しておいた方が良いでしょう。でも、毎日の生活費をフリーローンで賄いながらやっとの思いで住宅ローンを支払っていくという様な場合には、住宅ローンそのものを見直すことが必要でしょう。まずは、借入先である金融機関に相談し、ローンの組立を見直しするなどを考えてみるのも一つの方法でしょう。
利息が低い消費者金融系フリーローン

利息が低いフリーローンのなかには、消費者金融系のものもあります。かつては厳しい取り立てなどが問題になった会社もありましたが、法改正のあとはずいぶんと変わってきたことで知られています。その結果、高い年率を設定している業界のなかでも、低金利を売りにしてサービスを提供する業者も出てくるようになったのです。テレビのCMなどでも名前が知られている大手の会社などは、知名度のほか、借りやすいことで人気を集めるようになってきたと言えるでしょう。

そういった利息が低い消費者金融系のフリーローンでは、学生や主婦、アルバイトといった収入が少ない人が利用できるプランも用意されています。もちろん、銀行系などに比べれば、金利が高い部分もありますが、それでも大きな負担にならないようなものも存在しています。大手のものならば、実質年利で7.70パーセントから18.0パーセント、あるいは9.00パーセントから18.00パーセントというものもあります。いっぽう、借り入れ限度額は銀行系に比べると抑えられています。

また、利子の低いフリーローンで消費者金融系のものを利用するメリットとして、遅延などがなくきちんと完済してくれる顧客に対して、融資額の増額や実質年率の引き下げといった特典をあげることができるでしょう。はじめは30万円までしか借りられなかった人でも、信用を得ることで100万円、200万円と額が増えていくのです。将来的に高額の借り入れを希望している人にとっては、利用価値のあるものだと言えるでしょう。

「フリーローン低金利.com」で検索

当サイトは「フリーローン低金利.com」で検索。

公開日:
最終更新日:2016/09/12