フリーローン低金利!銀行&消費者ローン金利が安い1番は?審査

自由なお金を借りることができるフリーローン(カードローン)。スマホやネットで完結できるところも増えています。【借りパパ】調べのフリーローン低金利〈特集サイト〉です

*

フリーローンおすすめ(by借りパパ)は、この3つのカードローン!

おすすめのフリーローンとは

フリーローンを選ぶときには、いくつかのポイントを押さえておく必要があります。とにかく現金が必要なのだという場合でも、簡単に借りられるからと言って、中身をよく確認しないまま申し込んでしまうのはよくありません。そのことによって、後々トラブルになってしまうこともあるのです。まずは、それぞれの業者のサービスをよく比較していくことが重要なのです。そのなかで、より負担が少なく借りられるもの、あるいは信頼性の高いものがおすすめなのだと言えるでしょう。

たとえば、初心者のひとにおすすめのフリーローンというのは、第1に低金利であることが条件としてあげられます。そして、信用できる会社であること、さらに返済期間にゆとりがあることなども忘れてはいけません。そういったことを頭に入れて選んでいくと、銀行系のフリーローンというものが条件の良い業者としてあげることができるでしょう。融資額も多めに設定されていますし、なにより経営母体がしっかりしているから安心なのです。

また、審査基準がゆるい業者をおすすめのフリーローンとして紹介する人もいるでしょう。実際に、安定した収入が見込めないアルバイトやパート、そして主婦の人などは、申し込みの審査に通らずに融資が受けられないといったケースもあるのです。そこで、簡単な審査だけでお金が借りられるところも人気があるのです。ほかにも、無担保であることを条件として考えている人もいるでしょう。大口のものでなければ、担保がいらないという業者が多いのです。

 

フリーローン業者の比較

フリーローンとは、事業や住宅などの使用目的が決まっていなくてもお金を借りることができるものです。キャッシングやカードローンもそのなかに含まれることがあります。実際に借りる際にはいろいろな業者があるので、内容をよく比較して、どこから借りるのか決めるようにしたほうがいいでしょう。とくに利息と返済期間の関係については、しっかりとチェックしておいたほうがいいでしょう。とにかく現金が必要だと、ろくに確認もしないまま後で困ることのないようにしなければいけません。

そして、フリーローン業者を比較する際には、それぞれがどこの会社の系列なのかも確認しておくことも大切です。たとえば信頼性が高いのは銀行系のものだと言えるでしょう。ほかにも信販系、IT系、消費者金融系といったように、いろいろ系列があるのです。そして、変動金利か固定金利かという点についても注意が必要です。借りたお金は必ず返さなければいけないのは当然ですが、それにはどれだけの利息が必要になるのかを考えて返済計画を立てることになるからです。

また、フリーローン業者によって、融資をする対象を限定しているケースもあります。女性専用であったり、学生専用、あるいはパートやアルバイトでもOKというところもあります。そのほか、低金利を謳い文句にしていたり、無利息期間を設けているところ、大口の融資も行っているところ、あるいは無担保と有担保の差など、いろいろと比較していきながら、自分にあった業者を選定することをオススメします。

 

有担保のフリーローン

有担保のフリーローンというのは、土地や住宅といったように、返済できなかったときに現金の代わりとなるものを必要とするタイプです。小口の融資は無担保で借りられることが多いですが、金額が大きいものは資金の使途が自由であっても保証が必要になるというわけです。それがないと、大金を貸す側にとってみれば、回収不能のリスクをはらんだままになってしまうからです。逆に、借りる側にとっては金利が低いという利点もあります。

また、有担保のフリーローンでは、住宅や教育資金、車の購入といったように、使用目的が設定されているわけではないので、ある程度自由に借りたお金を利用できるようになっています。ただし、借り換えなど、目的の対象外となっているものもあるので注意しましょう。融資額に応じて金利を抑えることができるので、多めに借りる人にとっては、無担保で複数の業者から小口の融資を受けるよりもお得になっていると言うこともできます。

そして、有担保のフリーローンでは、50万円から1億円まで借りることができる業者もあります。たいていは10万円や100万円刻みで額を設定できるので、自分が必要な額と金利の兼ね合いを見ながら決めていくのがいいでしょう。返済期間も比較的長くとることができるものも多いので、ゆとりのある返済計画を立てることが可能になっています。ですから、低金利や融資額が大きい、返済期間が長いといったメリットの代わりに、土地や住宅といった換金可能なものが必要になるというわけなのです。

無担保のフリーローン

フリーローンの利点として、小口ならば無担保で融資を受けられる点をあげることができます。これは、使用目的が自由であると同時に、借りたお金に相当するものを預けなくても良いということです。そのことが、誰でも簡単に利用できるようになっている大きな理由の一つだと言うことができるでしょう。病気で入院することになったり、旅行などに行く際にも、急に現金が必要になるといったケースはいろいろと考えられます。そういったときに役に立つものなのです。

そして、無担保のフリーローンでは、融資額に上限が設定されています。300万円までであったり、500万円までであったりというように、それ以上の額は借りられないようになっているのです。それと同時に、金利についても目的別のものや有担保のものなどに比べて、高めに設定されているものも多いのです。ですから、そのなかでも、借りやすいもの、返しやすいものを選んで利用していくのがいいでしょう。額が小さいからといって返済能力を超えて借りることはできないのです。

また、無担保のフリーローンというのは、申し込み方法が簡単であることも利用しやすさにつながっています。たいていはインターネットのホームページから申し込むことができ、あとは窓口でカードを受け取るか、郵送されてくるのを待つだけなのです。急ぎで現金が欲しいという人などは、テレビ電話の窓口を利用すれば、即日で融資が受けられるというケースもあるのです。それ以外でも、たいていはスピード審査、スピード融資を売りにしているのです。

 

フリーローンの審査基準について

フリーローンを利用するには、まずは申し込みを行わなければいけません。ですから、その際の審査基準についても頭に入れておきましょう。過去に多額の借金を作ったことがある人や、他社からの借り入れがある人などは、ここで融資を断られてしまうというケースも多いからです。その点を考えれば、まず必要になってくる条件というのは、きちんとした収入があるということだと言えます。多くの業者では、年収などを確認できる書類の提出が必要になります。

また、それにともない職業についてもフリーローンの審査基準に含まれることがあります。当然、パートやアルバイトよりもサラリーマンのほうが信用されやすいと考えていいでしょう。専業主婦の場合では、無職という扱いになってしまうケースもありますが、夫の収入を証明できるものがあれば大丈夫な業者も多くあるのです。ほかにも勤続年数が半年にも満たないケースよりも、長く勤めている人のほうが優遇されるといったこともあるのです。

そして、フリーローンの審査基準では、勤務先や自宅の電話番号が重要になることもあります。とくに職場には在籍確認が行われるので、虚偽の記載はできないことを知っておきましょう。同様に、自宅の番号も同じです。携帯電話のほうに連絡がきたほうが便利だと考えても、業者側にとってみれば、固定電話を持っているほうが信用度が高いのです。携帯電話だけだと、住む家が決まっていない住所不定ということもあるからです。

「フリーローン低金利.com」で検索

当サイトは「フリーローン低金利.com」で検索。

公開日: