フリーローン低金利!おすすめ銀行&消費者ローンと審査 by借りパパ

自由なお金を借りることができるフリーローン(カードローン)。スマホやネットで完結できるところも増えています。【借りパパ】調べのフリーローン低金利〈特集サイト〉です

*

青森銀行フリーローンは低金利?審査ゆるい?甘い?厳しい?

青森銀行フリーローン「ライフサポート」の審査基準

金融機関コード(銀行コード) 0117

青森県にある地方銀行で最大規模を誇るのが青森銀行です。ここでは、青森銀行フリーローン「ライフサポート」のフリーローン商品を取り扱っています。この銀行では、このフリーローンだけではなく、「ゆとり王」「便利王」と合わせて3種類の商品を販売しています。その中でも一番有名なのが、「ライフサポート」です。24時間来店不要で融資申し込みができ、青森銀行の口座を持っていなくても利用できます。初めての利用でも最初から借入することができる点が魅力です。

「ライフサポート」を利用できる人は、青森銀行の営業担当エリア内に住んでいる人か勤めている人で、20歳以上65歳未満の安定した収入がある人に限られています。総量規制の対象外になっていますので、専業主婦の人でも、パートやアルバイトの人でも借入することができます。ただし、専業主婦の場合は、配偶者に安定した収入があることが条件になります。また、借入一本化も可能で、複数他社でローンを組んでいて、支払が大変だと感じる人には、借換ローンとして「ライフサポート」を活用することができます。

使い道は、事業性資金以外であれば自由です。限度額は10万円から500万円までで、1万円単位で区切られています。専業主婦の場合、限度額が30万円までとなる可能性があります。限度額になっていますので、最終的には審査内容によって決定され、希望通りにはいかない場合もあります。

金利は、年率6.5%~14.5%です。借入時に金利は確定し、固定金利となります。保証人や担保は必要ありません。保証会社は株式会社ジェーシービーで、支払い方法は、任意払いとボーナス払い、さらに、元利金等返済になります。

 


go-lp

カードローン金利が
1番安いのは?

メガバンク・ネット銀行を
含めた安心なローン会社の
金利一覧表はこちら ⇐



【 AUユーザー必見! 】
AUユーザーのあなたには
金利の優遇がある!

じぶん銀行カードローンの
金利と審査
フリーローンのじぶんローン
< 特集ページへ >


 

フリーローンやカードローンで借りた話等のコラム(青森銀行 非限定)

急な出費だったので銀行のフリーローンを使ってみました

理由は皆さんには言えないのですが、恥ずかしながら蓄えが全くない私は急な出費が必要になり、130万円借りないといけないという状況になってしまいました。
親に借りようにも弟の大学の学費などで実家も余裕がないのが分かっていたのでとてもそんなお金は借りれず、また友人に借りるわけにもいかなかったので、普段から利用している地元の地方銀行のフリーローンを利用しました。
銀行のフリーローンだと、消費者金融のキャッシングなどに比べると金利が全然安いんですね。
ホームページで10秒クイック診断というものがあり、こちらの簡易診断では融資OKとの事で少し安心しました。
一応念のため電話相談窓口もありましたのでそちらでも丁寧な案内をしてもらい、電話をした翌日銀行の窓口で申し込んだのですが、やはり銀行ですので対応は素晴らしいですね。
審査には2~3営業日かかると言われたのですが、翌日には電話が来ました。
言われた日にちより早く電話が来てしまったのでまさかのNGか…と思いましたが、幸い私は正社員で7年ほど働いていますし、他にローンを組んでいたり借金などはありませんでしたので、審査にはすんなり通りました。
親切だな、と思ったサービスは審査結果の電話連絡先を選べるというところでした。私の場合携帯電話を指定したので会社にバレることもなく、良かったです。
なお101万円以上の借り入れでしたので、収入を証明する資料の写し(源泉徴収票、所得証明書、税額通知書など)が必要でしたよ。
100万円以下の借り入れであれば、もっとスムーズにローンを組めると思います。
結局必要な費用or代金で130万円借りて、2年間月々約5万円の返済額となりましたので、日々頑張って節約が必要になりましたがなんとか一件落着で頑張るしかありません。
インターネットでもたくさん情報は転がっていますから、「銀行のフリーローン」等の検索ワードで沢山銀行のホームページを調べて事前に内容をしっかりと確認することも重要です。
また私のように、普段使っている銀行でローンを組むのも一つです。
この場合、新たに口座開設する必要がない点は大きなメリットですね。
銀行のフリーローンであれば金利も安く済みますので、急な出費の際は是非検討してみてください。

金額の枠を自由に使えるのがフリーローンではないのはご存知ですか?カードローンとの違いを比較

銀行員が解説する「フリーローンとは?カードローンとの違いは?銀行融資を比較」というページから引用

融資は証書貸付が基本

融資の基本は証書貸付です。
そのため、住宅ローンも自動車ローンもフリーローンも目的別ローンもすべて証書貸付です。

カードローンだけが当座貸越

個人向けのローンの中ではカードローンだけが当座貸越です。
当座貸越にローンカードを発行し極度枠限度額の範囲内でカードを使用してATMから自由にお金を引きだせるようにしたのがカードローンです。
引用元:http://fundbank.jp/bank-freeloan/2197.html(←違いをもっと詳しく知りたい人は読んでみて)

 

フリーローンの基礎知識②

フリーローンとは、銀行や消費者金融などの金融機関などが、利用者本人の確認と信用により現金の貸付を行なう融資のことです。今ではインターネットでもフリーローンの申し込みを行うことができます。わざわざ店頭窓口に申し込みに行く必要もなく、手間が省けると同時に、申し込みに行く際に人に見られたくない、店頭であれこれ聞かれたくない、などの要求も満たしているため、インターネットによるフリーローンの申し込みは急激に増加しています。通常は無担保で保証人も不要です。また、カードの発行手数料や年会費も通常は必要ないのが魅力となっています。また、申し込み前に金利などの条件を比較する、お試し審査を受けられる、24時間申し込める、など様々なメリットがあります。中にはインターネットで申し込むと優遇金利が適用されるサービスまであります。フリーローンを利用できる人の条件として、基本的には、20歳以上で定期的な収入があれば誰でもフリーローンが利用できます。定期的な収入とは、正社員はもちろん、アルバイト、パートなども含まれますし、自営業でも大丈夫です。また、専業主婦の場合も家族に定期的な収入があれば利用は可能です。つまり、ほとんどの人が利用することは出来るということです。フリーローンの最大のメリットはインターネットで簡単に様々なフリーローンサービスを比較することができる点です。より自分の条件に合った業者を探すことが可能になります。

 

「フリーローン低金利.com」で検索

当サイトは「フリーローン低金利.com」で検索。

公開日:
最終更新日:2016/12/08