フリーローン低金利!おすすめ銀行&消費者ローンと審査 by借りパパ

自由なお金を借りることができるフリーローン(カードローン)。スマホやネットで完結できるところも増えています。【借りパパ】調べのフリーローン低金利〈特集サイト〉です

*

阿波銀行フリーローンは低金利?審査ゆるい?甘い?厳しい?

阿波銀行フリーローン「自由自在」の審査基準

金融機関コード(銀行コード) 0172

徳島県にある地方銀行として知られているのが阿波銀行です。ここでは、フリーローンとして「自由自在」を販売しています。このローンの特徴としては、とにかく便利で快適な融資を実現させようとしている点で、24時間いつでも融資申し込みをすることができます。審査結果は1営業日後に最短で回答されるほどスピーディです。また、インターネットでの申し込みもできますので、どこにいてもできる点もまさに自由自在と言えます。

利用できる人は20歳以上で、最終的に融資返済が完了するのが71歳未満であることが条件になります。また、安定継続した収入があることも条件です。総量規制の対象外になっていますので、専業主婦でも借入することができます。パートやアルバイトの人でも、年収の3分の1以上の借入をすることが可能になります。専業主婦の場合は、配偶者に安定した収入があることが条件です。そして、阿波銀行営業エリア内に住んでいる人か、もしくは勤めている人であることが求められています。

限度額は10万円から300万円以内となっており、1万円単位で借入することができます。融資期間は6ヶ月以上7年以内で、使い道は自由です。借換ローンやおまとめローンとしても利用することができます。しかし、事業性資金の場合は借入することができません。

金利は年率9.8%となっています。審査によってこの金利で対応できないと判断された場合は、14.5%の金利ではどうか再度審査されます。返済方法は、毎月元利均等払いになります。

 


go-lp

カードローン金利が
1番安いのは?

メガバンク・ネット銀行を
含めた安心なローン会社の
金利一覧表はこちら ⇐



【 AUユーザー必見! 】
AUユーザーのあなたには
金利の優遇がある!

じぶん銀行カードローンの
金利と審査
フリーローンのじぶんローン
< 特集ページへ >


 

フリーローンやカードローンで借りた話等のコラム(阿波銀行 非限定)

簿記の資格をフリーローンで目指す

私は、一時は社会人として働いていたのですが、結婚をして引っ越しすることになったため、退職をしました。経理の仕事をしていて、それはとっても好きだったためか、一人で自宅で過ごし、時間が余るようになると「このまま、ぼんやり過ごしていいんだろうか?」という気持ちがわいてきたのです。でも、スポーツや音楽なら「気が向いたときにやる」という方法もありますが、「気が向いたとき経理をやる」というのは不可能です。

そんな時、職場の先輩が「簿記検定」の資格を持っていたことを思い出しました。さっそくインターネットで調べてみると「日商簿記検定」「全経簿記検定」などの資格があることがわかりました。日商簿記検定1級を取得すれば、税理士試験の受験資格も取れるんだと知り、なんだか未来に光が見えたように思いました。

主人は転勤族のため、スクールに通う形ではなく、通信講座で学ぶことにしました。心配だったのは学費についてです。通信講座の場合は、3級で2万円を切るくらい、2級では5万円くらいで受講することができます。このほかに入学金や、検定試験を受験する費用がかかります。そうすると、家計をやりくりして捻出するのは、少し時間がかかってしまいます。

そこでフリーローンを利用して簿記の資格を目指すことにしたのです。「なにがなんでも資格を取らなければ、フリーローンを使った意味がなくなる」と思えば、勉強にも熱が入りました。日商簿記3級の試験にはすぐに合格できたのですが、少し気が緩んだのか2級試験には一度不合格に。今は再挑戦、そして合格を目指して、頑張っています。

金額の枠を自由に使えるのがフリーローンではないのはご存知ですか?カードローンとの違いを比較

銀行員が解説する「フリーローンとは?カードローンとの違いは?銀行融資を比較」というページから引用

融資は証書貸付が基本

融資の基本は証書貸付です。
そのため、住宅ローンも自動車ローンもフリーローンも目的別ローンもすべて証書貸付です。

カードローンだけが当座貸越

個人向けのローンの中ではカードローンだけが当座貸越です。
当座貸越にローンカードを発行し極度枠限度額の範囲内でカードを使用してATMから自由にお金を引きだせるようにしたのがカードローンです。
引用元:http://fundbank.jp/bank-freeloan/2197.html(←違いをもっと詳しく知りたい人は読んでみて)

 

アパートローンと銀行の利用法

アパート経営などを始めていこうという方はもちろんですが、アパート経営を手広く行っていこうと思う方は資金がかなりかかります。アパート一棟を購入していくような場合につきましては、とても大きな資金が必要です。そのような金額につきましては、自分の身で用意していくことは難しいです。ですので、一部は自分で用意しまして、そのほかはローンを利用するということが一般化しています。そのローンですが、アパートローンといいます。アパートローンは、銀行ローンの一つです。アパートローンと銀行の利用法についてなのですが、アパートやマンションの取得費用といったものはもちろんですが、建築費用としても使えるローン形態になっています。ですので取得費用だけでなく、不動産はもともと自分のものでそこに賃貸マンションを建てるような時に利用できるローンになっているというわけです。アパートローンと銀行の利用法としてしっかりと見ていくべきです。そこでアパートローンと銀行の利用法としてチェックしていくのは用途の主なものです。購入費用や建築費用はもちろんカバーできます。またそれだけではなく、火災保険料や担保の関連費用というものもカバー可能です。設計費もカバー可能な場合もありますし、解体工事がある場合の費用もカバーできるようなケースもあります。アパートローンの活用範囲はかなり広いということがよく分かります。賃貸経営を計画中の方にお勧めのローンです。

「フリーローン低金利.com」で検索

当サイトは「フリーローン低金利.com」で検索。

公開日:
最終更新日:2016/12/08