フリーローン低金利!おすすめ銀行&消費者ローンと審査

自由なお金を借りることができるフリーローン(カードローン)の低金利〈特集サイト〉です。銀行のお得な利用方法なども

*

筑邦銀行カードローン「エクセルカードローン」で借りる審査

      2016/10/25

筑邦銀行では、カードローンのサービスも実施しています。その中の一つに、筑邦銀行カードローン「エクセルカードローン」があります。「エクセルカードローン」の特徴として、比較的審査基準は緩く設定されていることが挙げられます。

まず年齢は20歳から60歳の方を対象に、申し込みが可能です。専業主婦やパートタイマーとして働いている人でも、審査クリアできる可能性があります。しかし借りることができる金額は30万円までとなりますのでその部分はあらかじめ注意しておきましょう。金利は3段階に分けられていて、5.0%と7.80%、11.80%となっています。このいずれの金利が適用されるかは、審査結果次第になります。

融資限度額は、最高で500万円までとなります。融資限度額は、皆さんの年収がベースになります。300万円以上の融資限度額にするためには、年収が400万円以上ないといけません。また200万円以上の年収の方は、100~300万円の中で審査結果をベースにして、融資限度額が設定されます。アルバイトの方は審査クリアできる可能性もありますが、20万円を上限として融資が行われるのであらかじめ理解しておきましょう。

筑邦銀行ではこのほかにも、いくつかカードローンを用意しています。「ミニカードローン」は、口座に残金が不足しているときなどに緊急避難として借りられるカードローンをさします。別に利用しないときには、一切手数料などもかかりません。「Myポケットカードローン」は、インターネットなどを使ってスピーディに手続きができる所が支持されています。「エースカードローン」は、300万円まで借り入れが可能です。借入残高に応じて、定額返済をしていきますので家計のやりくりが楽になります。

おすすめは都市銀行のカードローン

低い金利で選ぶなら都市銀行のカードローンがおすすめ。今回はその一例として、三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」をご紹介します。金利は年間4.6~14.6パーセント。限度額は500万円です。申し込んですぐにカードを利用できる(ローンを組むことができる)ので、すぐにお金が必要だという方に好評のようですね(ただし、受付時間や審査の内容によっては、カードの受け取りが翌日以降になるケースもあるようです)。

手続きにおいて必要な書類は運転免許証(現住所の記載があるもの)のみ。100万円超の利用限度額を希望する場合には、さらに利用者の収入を証明する書類が必要となります(源泉徴収票、住民税決定通知書、納税証明書などいずれか)。

証明書類の扱いについては、全国どこのカードローンでもほぼ同様。少額の利用であれば本人確認のみ、100万円を超える(高額のローン)を利用する場合は収入を証明するための書類が必要となります。三菱東京UFJ銀行のカードローンならではのサービスとしては「テレビ窓口」による対応が挙げられます。テレビ電話でオペレーターと話しながら、その場で手続きができるブースが設けられていて、よりスムーズに申し込みができるように配慮されています。

「フリーローン低金利.com」で検索

当サイトは「フリーローン低金利.com」で検索。

 - 銀行のカードローン(メガバンク/ネット銀行/地方銀行)