フリーローン低金利!おすすめ銀行&消費者ローンと審査

自由なお金を借りることができるフリーローン(カードローン)の低金利〈特集サイト〉です。銀行のお得な利用方法なども

*

茨城県の銀行フリーローンで低金利は? 1番利子利息が安いのは?

      2016/04/07

茨城県には常陽銀行、筑波銀行の二つの銀行があります。

 

常陽銀行のフリーローンは

様々な用途に使うことが出来るローンです。ただ、利用する場合は各種条件がありますので、注意が必要です。条件としては、まず申込年齢が20歳以上、満65歳以下で完済時の年齢が71歳未満の方。同一勤務先に一年以上の勤務、または同一事業を三年以上営業している人が対象です。他にも前年の年収が200万円以上の方で、安定的で継続的な収入が必要で、常用信用保証株式会社の保証を受けられ、同時に団体信用生命保険の加入が出来る人となっています。使い道は基本的に自由ですが、事業資金での利用は不可、最大の借入額は500万円までで、融資期間は6ヶ月以上7年以内、変動金利で、金利は年6.975%、金利引き下げも行なっており、常陽ポイントクラブのポイントが50ポイント以上で年▲0.4%、100ポイント以上で年▲0.8%の引き幅があります。女性専用のフリーローンである「フリーパレット」があることも特徴の一つです。

常陽銀行フリーローン

 

筑波銀行のフリーローンは

「ポケットフリーローン」と呼ばれ、使い道は自由に使える上に、資金使途の確認資料などの提出も要りません。申込時の年齢が満20歳以上で、75歳以下の方、申込金額が100万円以上の方は、65歳以下になります。利用出来る条件としては筑波銀行の営業区域内に自宅もしくは勤務先のある人で、主婦や学生、パート、アルバイト、年金受給者でも申込が出来ますが、本人に収入の無い人は出来ません。融資金額は10万円から最大200万円までで、主婦や学生、年金受給者であれば99万円までとなっています。融資金利は固定金利で保証料込み14.6%、融資期間は1年以上かつ5年以内です。返済方法は元利均等返済、担保・保証人ともに不要ですが、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証が必要となります。手数料、1,050円、本人確認書類として、運転免許証や健康保険証などが必要になります。

つくば銀行フリーローン

 


go-lp

カードローン金利が
1番安いのは?

メガバンク・ネット銀行を
含めた安心なローン会社の
金利一覧表はこちら ⇐



【 AUユーザー必見! 】
AUユーザーのあなたには
金利の優遇がある!

じぶん銀行カードローンの
金利と審査
フリーローンのじぶんローン
< 特集ページへ >


 

フリーローンやカードローンで借りた話など的コラム(茨城県 非限定)

インプラント費用の170万円を借りました

一部の永久歯がダメになってしまい、医者から入れ歯にするかインプラントにするかの治療方法しか残っていないと言われてしまいました。入れ歯は臭いが気になりますし、食べ物が挟まって痛いというような話もよく耳にします。なので、インプラント治療を希望したのですが、治療にかかる費用の見積を出してもらったところ、全部で170万円かかることがわかりました。

170万円の現金をすぐに用意することができなかったので、どこかからお金を借りる必要が生じました。でも、歯医者が提携している金融業者の金利がかなり高かったので、そこを利用する気にはなれませんでした。周囲の友人に170万円借りたor借りるには、どこの金融業者を利用するのが得なのかを相談してみたところ、数人から銀行フリーローンの利用を勧められました。

私は、それまで住宅ローンを組む際にしか銀行のローン商品を利用した経験がなかったので、銀行フリーローンのことは全く知りませんでした。そもそも、そんなに昔からあったローン商品ではなくて、ごく最近になってから個人向けの無担保融資商品として誕生したものらしいです。個人向けの無担保融資と聞くと消費者金融を連想する人が多いと思いますが、消費者金融よりはずっと金利の設定が低くなっています。また、消費者金融からお金を借りているというのは何とも外聞の悪いものですが、銀行からお金を借りてもあまり恥ずかしくありません。さらに、お金の貸し手が銀行であれば、怖い取り立てが行われる心配も全くありません。

知人から教えてもらった後ですぐに銀行にローン相談に行ったのですが、本当に簡単な手続きで170万円を借りることができました。以前行った住宅ローンの借り入れ手続きの面倒さに比べると雲泥の差がありました。そんなに長く待たされずに審査結果が出ましたし、融資もすぐに実行されましたので、インプラントの治療を早く開始することができました。まとまった金額のお金を借りたいのであれば、銀行フリーローンが一番だとシミジミ実感しました。

 

「新生活スタートにはフリーローン」

なんとか就職先を見つけることができた、社会人一年生です。これまでは実家から学生生活を送ってきましたが、就職先がやや実家から離れていることもあり、思い切って一人暮らしをはじめることにしました。ですが、新生活をはじめるためには、アパートを借りたり電化製品を買ったりと、思ったよりも費用がかかることがわかりました。

私は大学に通うために学資ローンを利用しており、その返済もまだ全額分が終了していなかったので、これ以上の借入は難しいと思い込んでいました。ですが、知り合いからフリーローンのことを聞き、とりあえず利用ができるかどうか申込をしてみることにしました。フリーローンは、借入の目的いかんにかかわらず、比較的ゆるい審査内容で現金の貸付をしてくれることがわかっていたからです。

申込の結果、希望通りの現金の貸付をフリーローンで受けることができました。さっそくそのことを両親に報告したところ、最初は経済的な理由から一人暮らしの新生活には非協力的であったのに、準備を喜んで手伝ってくれるようになりました。自分で給料から返すと約束したことで、きちんと信用をしてくれたようです。

今は仕事にも少しずつ慣れ始め、順調に新生活を送っています。資金管理を自分でやったことで、大人になれたという自信がついた感じです。これからもフリーローンなど便利なしくみを利用しつつ、上手に欲しいものや必要なものを購入していきたいと思います。

「フリーローン低金利.com」で検索

当サイトは「フリーローン低金利.com」で検索。

 - 銀行のフリーローン(メガバンク/ネット銀行/地方銀行)