フリーローン低金利!おすすめ銀行&消費者ローンと審査

自由なお金を借りることができるフリーローン(カードローン)の低金利〈特集サイト〉です。銀行のお得な利用方法なども

*

フリーローンの審査と年収、職業、年齢、審査時間(仮審査・本審査)

   

審査と年収

銀行が提供しているフリーローンは金利が低いことで人気を集めていますが、カードローンとは根本的な仕組みが異なっており、カードを支給されてそれを使用してお金を借りて返済するようなタイプではなく最初にまとまったお金を借りてから完済に向けて返済をするようなタイプになります。

従って多重債務になるようなリスクで考えるとカードローンよりも少なくなっていますが、借りたお金をきちんと返済しないと借金問題が大きくなってしまい債務整理などの手段が必要になることも十分に想定されるため、お金の借り入れには十分に気をつける必要があります。

また、銀行のフリーローンを利用する場合は審査を受けなければなりませんが、ここでは年収が必ずチェック項目に入ってくるので安定した収入が無い人だとお金を借りることは難しくなってしまいます。

ちなみにフリーローンを提供している銀行にもよりますが、低金利で借りることができるところでもフリーターが借りることができるようなところもあり収入が安定しているのであればまとまったお金の借り入れが可能なこともあります。

また、審査の概要はそれぞれの金融機関によって違っているので事前に仮審査などを受けることをおすすめしますが、これを利用することによって自分がお金の借り入れができるかどうかということを知ることができます。

金利が低くても返済期間が多くなると返済における金利の負担はかなり大きくなるという点にも注意する必要があります。

 

審査と職業

フリーローンを利用する場合は提供している銀行の審査を受ける必要がありますが、カードローンよりも低い金利でお金の借り入れをすることができるともあって高い人気を集めているローンサービスになっており、さまざまな目的に合わせてお金を借りることができるようになっています。

また、誰でもお金を借りることができるわけではなくあらかじめ金融機関が提示している条件にクリアしていることが審査を受ける上での前提になってきますが、大抵の金融機関は安定した収入があることを条件としており、収入を得る仕組みについては正社員でもパートでも問題ないところが多くあります。

そのため、フリーターでも条件さえ揃ってくれば低金利なフリーローンを利用して目的が自由なお金を借りることができるケースもありますが、低金利で借りることができるお金については下がる可能性があります。

また、職業によっても利用の可否が決まってくることもありますが、どのような審査基準でお金を借りることができる人とできない人を線引きしているかは分からない部分があります。

基本的に継続年数が増えてくれば増えてくるだけ社会的信用は高くなると言われており、お金を借りる場合についても有利に働くことが多いと言われています。

ただし、勤続年数が長くても毎月の収入に安定性がない場合だと新たにお金を借りることができない場合もあり、過去に金融トラブルを起こしている人についても借りることができないので気をつける必要があります。

 

審査と年齢

金融機関で利用することができるフリーローンの中で一般的な多目的ローンの場合だと最初にまとまったお金を借りて後から完済をコツコツと目指す系になるので、一定の返済額を毎月返していれば必ず完済に辿りつくような仕組みになっています。

フリーローンの利用メリットには低い金利でお金を借りることができるという点がありますが、金利が低いということはそれだけ完済までにかかる金銭的な負担が少ないということでもあるので、できるだけ借金返済の負担を減らしたい人や完済までの期間を伸ばしたい人にはメリットです。

また、フリーローンの審査は提供している銀行によって条件は異なっているものの、共通しているのは年齢の部分で、成人に満たない人が自分自身の信用情報で借りることができないのと年を取った人についても自分自信の信用情報で借りることができなくなっています。

未成年であっても親の承認を得ることができればフリーローンの審査を受けてお金の借り入れができる場合もありますが、高齢者については死のリスクが高まるため年齢が高くなるほど借りることが難しくなる傾向にあります。

お金を借りる方法には銀行で借りるだけでなく消費者金融で借りるという選択肢もありますが、消費者金融で提供しているローンサービスになると目的が自由で使用することができるのはカードローンに限られるので、金利は高く設定されているため利用については金利のリスクを考慮してからの利用が必要になります。

 

フリーローン審査にかかる時間

フリーローンと混同されることが多いのが銀行や消費者金融で提供しているカードローンですが、どちらかというとカードローンの方が一般的には普及している傾向にあり、実際にお金を借りなくてもカードを発行してもらって急な出費に備えている人は少なくありません。

その一方でフリーローンになってくると最初にまとまったお金を借りるまでは共通項となっていますが、お金を借りた後については返済の一方通行となり新たにお金を借りるということは基本的にないので不要に借り入れをしてしまうリスクは低くなっています。

また、それぞれのローンサービスは審査の時間や金利に違いがあるので利用においては注意する点もありますが、特に審査の時間については数週間程度の時間を費やすこともあるのですぐにお金を借りる必要がある人からすると少々デメリットな部分も大きくなっています。

昔に比べるとさまざまなローンサービスが提供されるようになっていますが、それぞれのローンの種類によって審査の時間は異なっており、全体的な部分から見るとフリーローンの時間はそこまで長くないと言えます。

最近はカードローンでなくともかなりスピーディーにお金を貸してくれるようなところもあるので事前に申し込みから審査を経てお金の借り入れができるまでにどれくらいの時間がかかるか調べておくことをおすすめしますが、借り入れの目的などや金利の低さなどからも総合的に考えていきましょう。

 

推奨される事前の仮審査

銀行や消費者金融からお金を借りる場合は借りている金額に対して金利が発生するので、金利を含めた返済を考える必要がありますが、金利が高くなればなるほど返済の負担は増えることになるので、フリーローンを検討する場合はそれぞれの銀行が用意している条件を調べておくようにしましょう。

また、パンフレットや資料、サイトなどを見てフリーローンが利用したい金融機関が決まったとしてもそれから申し込みをして審査を受けて金融機関が提示する条件にクリアしないといけないため、その点には注意する必要があります。

お金を借りる場合は仮審査を受けることをおすすめしますが、最近はそれぞれの銀行がホームページ上に簡単な情報を入力することによってお金の借り入れにおける大まかな可否が分かるようなツールが用意されているので安心してお金を借りることができるようになっています。

仮審査を受けることによって自分がフリーローンの利用をすることができるかどうかという大まかな指標が分かるようになっているため、申し込みをして審査に否決されてしまうのを回避することが期待されます。

フリーローンに申し込みをしてお金を借りることができないパターンとしてはいくつか考えられますが、やはり安定した収入が無く返済する見込みがないと思われてしまう場合や過去に多くの借り入れがあった場合などは信用情報もかなり弱くなっているので新たに借り入れができない可能性が高くなります。

 

借り入れに必要な本審査とは?

フリーローンを利用してお金を借りるためには審査を受けて提供している金融機関からの許可が下りなければなりませんが、金融機関側も無条件でお金を貸し出すのはリスクが高くなっているので、どんなローンであっても事前に審査を行って借り入れて返済することができる能力があるかどうかということを調べるのが一般的となっています。

また、いきなり本審査に移行するのではなくステップを置くという意味で仮審査を受けてから本審査を受けるケースが多くなっていますが、同時期に何度も申し込みをして借り入れに失敗していると信用情報が下がってしまう懸念があるため、面倒でも信用情報に影響がない仮審査で事前に調べるメリットは高いと言えるでしょう。

フリーローンは金利が低く設定されているため、返済における負担はカードローンなどに比べると少なくなっていますが、追加で新たに借りることができるタイプのローンでもないので過剰な借り入れを抑制することも期待されます。

フリーローンの金利設定は金融サービスを提供している金融機関によって異なっているのであらかじめ比べることをおすすめしますが、できるだけ金利が低いところで借りる方が負担は少ないのは言うまでもありません。

ちなみにお金を借りる方法には他にもいろいろありますが、金融機関からお金を借りる場合は悪質な闇金のような業者も実在しているので騙されないように気をつける必要があり、必ず利用の前には金融機関の情報を調べておきましょう。

「フリーローン低金利.com」で検索

当サイトは「フリーローン低金利.com」で検索。

 - フリーローン審査基準や審査内容