フリーローン低金利!おすすめ銀行&消費者ローンと審査

自由なお金を借りることができるフリーローン(カードローン)の低金利〈特集サイト〉です。銀行のお得な利用方法なども

*

借金地獄に陥る債務整理の前に借金の管理とローン乗り換え。収入減の対策も

      2016/04/01

借金の管理

低金利のフリーローンは一度借りたら返済するだけになるので借り入れ上限の範囲内で繰り返しお金を借りることや返済することができるカードローンに比べると借金リスクは少ないと言われていますが、きちんと生活費などの管理をしないと返済できなくなることもあるので油断は禁物です。

フリーローンの金利が低いのは多重債務などのリスクが小さくなっているのも理由となっていますが、借りる場合は完済までの計画をきちんと立てることが大切で、返済にかかってくる金利の計算までしておくことをおすすめします。

また、ローンを利用しようとする場合はどのローンであっても審査を受けるのが最初の関門になってくると思いますが、審査についてはどれくらいの収入を得ているかということや過去に金融トラブルを起こしたことがあるかないかということなども考慮されます。

同時期に複数の金融機関に対してフリーローンの申し込みをするのも審査には悪影響を及ぼすと言われているので注意する必要がありますが、これによってお金に困っているという印象を付けてしまうことになります。

これからお金を借りようとする場合はきちんと借金管理を行うことが重要なポイントになってきますが、多目的な目的で利用することができるのがコンセプトのローンではあるものの、申し込みをする段階で何に使用するかは決まっていると思います。

本当に借金をしてまで必要かどうかということまで考えてから借りることが大切です。

 

フリーローンが返せない場合の債務整理

低金利で人気を集めているフリーローンは銀行が提供しているもので、利用するためには申し込みをして審査を受けなければなりませんが、フリーローンを利用することができない場合は少々金利が高くなるものの、審査までのスピードが速いカードローンを利用するのも方法としてあります。

フリーローンでお金を借りた場合に返すことができない状態に陥ることも長い返済の中ではあるかもしれませんが、その場合は債務整理を行うことによって借金問題の解決を図ることができますが、債務整理というのは法的な手段を用いて借金の整理をすることで、任意整理や特定調停、民事再生などさまざまな方法から選ぶことができます。

通常だと高金利な借り入れをした場合に債務整理が必要になりやすいのですが、きちんと借金管理ができてない場合も債務整理が必要なくらいの借金状態に陥ることがあるのでお金を借りる場合は十分に気をつける必要があります。

ちなみに債務整理の問題解決を図る場合は弁護士や司法書士など法律の専門家に依頼して問題解決を図ってもらう場合がほとんどになっていますが、自分にどのような借金整理が適切かということが分からない場合は無料の借金相談を受けるとよいでしょう。

法律事務所でも相談に応じてくれる他、住んでいる地域の自治体なども定期的に無料相談会などを開催しているので地元で配られている広報などをチェックして相談会がある場合は積極的に参加することをおすすめします。

 

複数のローンがある場合

フリーローンは低金利ローンとして人気を集めているローンですが、カードローンのように不要な借金をしにくい仕組みになっているのでカードローンと比較した場合に借金地獄に陥るリスクは少ないと言われています。

また、フリーローンを利用する場合は審査を受ける必要がありますが、審査では安定した収入があるかどうかということがチェックのポイントになり、他にも金融トラブルを引き起こしたことがあるかということや仕事の状態についてもチェックされる場合があります。

いずれの場合も審査の細かい内容というのは金融機関の秘匿情報となっているので、自分がフリーローンの利用をすることができないと判断された場合にどうして利用ができなかったかということは知ることができません。

また、金利が低いと言われているものもきちんとした借金管理をしないと借金地獄に陥るようなケースもあるので十分に気をつける必要がありますが、債務先が増える多重債務のような状態になった場合はおまとめローンの利用をおすすめします。

これは借金を一つにまとめて返済がしやすくなるようにするものですが、フリーローンについては元から金利が低く設定されているのでカードローンなどを利用して借金をまとめるとかえって金利の支払いが増えるようなこともあります。

借金の程度が重たくおまとめローンではどうにもならない場合は債務整理による借金整理が必要になってくるので状況に応じた対策をしましょう。

 

金利の低いフリーローンへの乗り換え

消費者金融や銀行からお金を借りている人の中にはカードローンやキャッシングなどのサービスを利用しており債務先が何件かあるというケースもあると思いますが、多重債務の状態になっていると支払いが増大してしまい、それによって借金を効率的に返済することができなくなる場合があります。

行く末は債務整理になることも多いのですが、それをしてしまうと新しくお金を借りることやクレジットカードを作ることができなくなるので、できれば債務整理を避けたいというのであれば金利の低いフリーローンを利用して借り換えローンにすることもできます。

フリーローンは自由に使用することができるお金なので借金整理に使用してももちろん問題はありませんが、複数の金融機関からお金を借りている状態だと審査が厳しくなるので場合によってはお金の借り入れができないこともあります。

また、金利が低くてもおまとめローンとして利用する場合は月々の返済額の負担が減る一方で完済までの期間が延びてしまう可能性もあるので、金利が低くてもフリーローンで借金をまとめる場合はメリットやデメリットをきちんと理解する必要があります。

基本的にフリーローンは銀行が提供しているサービスになっているので貸してくれる銀行を探す必要がありますが、それぞれの銀行では簡易審査などを用意してくれているので利用することによって簡単にお金の借り入れができる可能性を知ることができるので、これを参考にするとよいでしょう。

 

借金地獄に陥りやすい人の特徴

低金利のフリーローンの申し込みをして金融機関が条件としている所定の審査条件をクリアしてお金を借りることができるようになっても返済する過程の中でお金を返すことができなくなってしまい借金地獄に陥ってしまうようなケースもありますが、そうならないためにも借金をする場合はどんな形であれきちんと管理することが重要です。

借金地獄に陥りやすい人の特徴にはいろいろありますが、自分の借金をきちんと把握することができない人ほど借金地獄に陥りやすいと言われており、お金を借りる場合も返済することに対して気を配らず借りることだけに気が向いてしまっているような人は注意が必要です。

また、フリーローンは金利が低く審査にクリアすることによってまとまったお金を借りることができますが、借りる目的やどれくらいのお金が必要であるかということをきちんと把握してないといけません。

借りたお金は返済スケジュールに沿ってきちんと返すことが大切ですが、途中でお金を返すことができなくなった場合は金融機関に相談をするか必要に応じておまとめローンや借り換えローンなどを検討して早期に対応することも大切です。

金利の低さや審査の効率性にメリットがある自由性の高いフリーローンですが、申し込みをする前に自分が借りることができるかの診断を受けることができるので、これを利用して自分がお金を借りることができる立場にあるか確認して本審査に臨むようにしましょう。

 

収入が減った場合や無くなる場合の対策

低金利のフリーローンでその時は金融機関の審査にクリアしていたとしても返済を進めていく中で審査を受けた時と環境が大きく異なってしまうようなことは十分に考えられますが、収入が変わってしまうと場合によってはフリーローンの返済がスムーズに進まない場合があります。

金利の高低に関わらず収入が無くなることは借金問題においては死活問題にもなるわけですが、考えられる対策としては二択で収入を増やすためにアクションを起こすか金融機関や法律事務所などに相談をして債務整理などの手続きを起こすかになります。

収入が無い状態で借金問題が悪化するような場合については自己破産という方法でしか債務整理の中では借金問題を解決することができないので持っている財産を徴収される代わりに借金は無くなります。

また、収入が無くなるのが一時的である場合は金融機関に相談することによって支払いのスケジュールを変更してもらえることができるので具体性があるのであれば相談するのもよいでしょう。

これから収入が無くなると想定される場合に繋ぎとして金利の低いフリーローンを利用することができますが、審査の条件で共通になっているのは安定した収入になっているため仕事を辞めてしまうと借り入れは難しくなります。

お金を借りる前から借金をすることがどういうことなのかきちんと考えることも大切で、途中で返済困難になったということにならないよう気をつける必要があります。

 

「フリーローン低金利.com」で検索

当サイトは「フリーローン低金利.com」で検索。

 - フリーローン金利とローンの基礎知識