フリーローン低金利!おすすめ銀行&消費者ローンと審査

自由なお金を借りることができるフリーローン(カードローン)の低金利〈特集サイト〉です。銀行のお得な利用方法なども

*

フリーローンでお金を借りる際の注意点。メリット、デメリットほか基礎知識

      2016/04/01

お金を借りる際の注意点

金融機関からお金を借りる際は返済までのイメージをきちんと思い浮かべることが大切ですが、特に住宅ローンやマイカーローンとは違って自由な用途で使用することができる系のローンを利用する場合は十分に気をつける必要があります。

ローンにはさまざまなタイプがありますが、中でもフリーローンはさまざまな用途で利用することができることや金利が低いことで人気のフリーローンになっていてちょっとした買い物や旅行などでお金が必要になった際でも低金利で好きに使用することができます。

ただし、審査については時間がかかることも少なくないので余裕がなくすぐにでも必要な場合に利用するローンとしては少々デメリット要素が高い部分でもありますが、お金が足りなくて困っている場合に今日にでもお金を用意しないといけないような状態の場合はカードローンで代替するのも方法としてあります。

また、お金を借りる場合は同時に返済義務も生じることになるので自分が毎月どれくらいのお金を返済しないといけないかどうかということをきちんと考える必要がありますが、不用意に借りてしまわないように気をつける必要もあります。

審査を受けてお金を借りるのが基本ですが、昔に比べると金融機関はIT化が進んでいることもあってインターネットを利用して自由に申し込みをすることができるようになっていますが、インターネットで申し込みをする場合は店員やスタッフと顔を合わせることがなくお金を借りることに対しての危機感が薄れることもあるので注意が必要です。

 

フリーローンのメリット

フリーローンの審査や金利はカードローンと異なる部分が多くありますが、カードローンと比較した場合に金利が低く利用できるのはメリットであり、昔は審査の時間が長いというのがフリーローンにおけるデメリットであるとも言われていますが、それについても短期間で借りることが可能になりました。

従ってこのローンを利用することによるデメリットはさほどありませんが、自由に借り入れることができるということから目的を考えず心して利用することができるのもメリットで、何と言っても金利が低く設定されているのは自由性の高いローンとしてはメリットであると言えるでしょう。

お金を借りるということは返済の義務が生まれ、さらには金利の支払いも発生するわけですが、借りたお金は返済しないといけないお金であるという原則ルールに従うことが大切なポイントであり、返すことができなくなると債務整理など借金整理が必要になります。

この自由性の高いローンはさまざまな銀行で提供しているので、少しでも金利や審査の条件が良いところを選んで申し込みを検討しようと考えている場合は事前の情報集めが肝要なポイントになってきます。

お金を借りるということは借金をするということであり、借金をするということは責任を持って返済しないといけないですが、フリーローンの場合だとあらかじめ借りたお金を返済する一方通行になるのでカードローンと比較した際に管理がしやすいというメリットもあります。

 

フリーローンのデメリット

フリーローンの金利は低く設定されていますが、審査については時間がかかることも多いのでカードローンやキャッシングのように即効性タイプに優れているローンサービスであるとは言えないので自由な目的に応じて利用することができるお金ではあるものの、期間については余裕を持つ必要性があります。

フリーローンと同じフリーな用途で使用することができるキャッシングのメリットとして言われているのは借り入れ上限金額内であれば自由にお金を借りることができて、さらには返済することができるようになっていることですが、こういった仕組みが借金を助長してしまう環境を作っているとも言われています。

しかし、フリーローンであれば最初にまとまったお金を借りてから返済をするだけの一方通行となるため、新しくお金を追加で借りることができないというデメリットな部分はある一方で不要な借金をしてしまう可能性が少ないことはメリットの一つであるとも言われています。

フリーローンはローンの性質から審査にかかる時間が長くなっていますが、これは性質が目的ローンと同じであるからで、フリーの用途で使用することができるようになっているものの、多目的という目的があるローンになっています。

お金を借りる目的は人によってそれぞれだと思いますが、どういった理由でお金を借りる場合も借りる際はきちんと完済までのイメージを思い浮かべるようにして失敗しないようにすることが大切です。

 

カードローンとの違い

カードローンは銀行や消費者金融が提供しているカードを使った特徴的なローンのことですが、カードローンを利用することによってあらかじめ設定されている金額内であれば自由にお金を借りることや返済することが可能になっているため自由性が高い借り入れができます。

大義的に見ればカードローンについてもフリーローンというカテゴリーに入ってくるのですが、銀行が提供しているようなフリーローンいついてはカードローンとは根本的に仕組みが異なっており、フリーローンの金利と審査についてもカードローンとは大きくことなっています。

フリーローンの金利はカードローンより相対的に低く設定されている場合がほとんどで、100万円までの借り入れであって負荷される金利については10%に満たないような場合が大半となっていますが、カードローンになってくると金利は高く設定されている場合がほとんどになります。

また、審査についてもカードローンだと即時や即日での審査になることが多い一方で、フリーローンになってくると数週間という期間かけて審査が行なわれることが多いため、すぐに借りたい時には借りることができない特徴もあります。

カードローンだと借り入れ上限金額内で必要以上にお金を借りてしまう可能性がありますが、フリーローンになってくると最初にまとまったお金を借りて後は返済を目指していく形となるため、借金を繰り返すリスクはカードローンを利用する場合よりも少なくなっています。

 

多目的ローンとの違い

多目的ローンは銀行が提供しているローンサービスの一つですが、様々な目的を持って利用することができるようになっているので、自分にご褒美をあげたい場合や旅行がしたい場合などさまざまな目的に応じて利用することができるようになっており、金利も低く設定されているので返済の負担が少ないメリットがあります。

ただし、審査に付いての時間は長くかかる場合が多いのですぐにお金が必要だからといってすぐに借りることができるわけではありませんが、早いところだと一週間以内で貸してくれるところもあります。

多目的ローンとフリーローンの違いについては審査や金利などはほとんど同じに設定されていて、名前が違うだけであって内容についてはほとんど変わりませんが利用する際は十分に気をつけて利用しなければなりません。

多目的ローンもフリーローンも概要はほとんど同じになっているので、フリーローンの利用を考えている場合に金融機関の情報を調べた際に多目的ローンしかなくてもそれを利用することによって対応することができます。

気をつけないといけないのは同じ内容のローンであっても審査や金利については金融機関によって異なる部分があるという点で、事前に調べた上で金融機関選びを進めていくことが大切なポイントになります。

金融機関が提供しているローンの種類は数多くありますが、利用する場合はフリーローンだけでなく計画性を持って返済を進めていくことが重要になります。

 

フリーローンとは

お金が何かの理由で必要になった場合は消費者金融や銀行などからローンという形を通してお金を借りることができるようになっていますが、住宅ローンやマイカーローンのような目的に沿ったローンがある場合もあればフリーローンと呼ばれるような目的を設定しないで利用することができるローンのタイプもあります。

気になるのがフリーローンの金利や審査などですが、基本的に金利はカードローンに比べると低く設定されている場合がほとんどである一方、審査が終わるまでの時間は長くなることもあるので借りることに急いでいるような場合は注意する必要もあります。

このローンを提供している金融機関は多くあるのでフリーローンの金利や審査のスピードなどを把握して金融機関を選んでいくとよいですが、目的がフリーで使用することができる金融機関になっているものの申し込むときは大まかな使用目的を記入する場合が多くなっています。

昔に比べると金融機関が提供するローンサービスは数も多く増えていますが、どのローンを利用する場合においてもお金を借りるということは返すお金も発生するということを意識することが大切であるという点です。

基本的に追加して新しくお金を借りるという性質のローンではなく、借りた後はひたすら完済に向けて返済を続けていくだけとなりますが、途中で他の金融機関から新たにお金を借りるような場合は債務が増えて完済が厳しくなるような場合もあるので注意する必要があります。

「フリーローン低金利.com」で検索

当サイトは「フリーローン低金利.com」で検索。

 - フリーローン金利とローンの基礎知識