フリーローン低金利!おすすめ銀行&消費者ローンと審査

自由なお金を借りることができるフリーローン(カードローン)の低金利〈特集サイト〉です。銀行のお得な利用方法なども

*

フリーローン低金利/利子 利息が一番安い銀行/最安格安1番は?

こんにちは。
当サイト管理人です。
このページは「フリーローン低金利」で検索してきている方が多いので、まずそのニーズを満たすべく、最低金利の順番にフリーローン(カードローン)を並べた一覧表を紹介しますね!
お役に立てると幸いです^^

freeloan-lady

低金利フリーローン1番はどこ? カードローン金利一覧表

金利 年 ローン名 限度額
0.99 % ~ 14.79 % 住信SBIネット銀行
カードローン/プレミアム
最大限度額
1,200万円
1.7 %~12.5 %
AU割加入かつ借換のみ
じぶん銀行カードローン 最大限度額 800万円
1.8% ~ 14.6% 三菱東京UFJ銀行
カードローン
最大限度額
500万円
1.9% ~ 14.5% 楽天銀行スーパーローン 最大限度額
500万円
2.1 %~17.4 %
AUユーザーに金利優遇
じぶん銀行カードローン 最大限度額 800万円
3.0 % ~ 14.0 % みずほ銀行カードローン
最大限度額
1,000万円
3.0% ~ 17.8% オリックス銀行
カードローン
最高800万円
3.0% ~ 18.0% モビット 最大限度額
800万円
3.5 % ~ 9.8 % 三井住友カード
ゴールドローン
最大限度額
500万円
4.5% ~ 17.8% SMBCコンシューマー
ファイナンス(プロミス)
最大限度額
500万円
4.5% ~ 18.0% 新生銀行レイク 最大限度額
500万円
4.5% ~ 18.0% アイフル 最大限度額
500万円
4.7% ~ 18.0% アコム 最大限度額
500万円
6.47%~15.0% セゾンのカードローン 最大限度額
300万円
8.39 % ~ 14.79 % 住信SBIネット銀行カード
ローンスタンダード
最大限度額
300万円
9.5% ~ 18.0% ノーローン 最大限度額
300万円
上限18.0% セディナカードローン 最大限度額
200万円

 

freeloan-low-lady


カードローン金利が
1番安いのは?

メガバンク・ネット銀行を
含めた安心なローン会社の
金利一覧表はこちら ⇐



【 AUユーザー必見! 】
AUユーザーのあなたには
金利の優遇がある!

じぶん銀行カードローンの
金利と審査
フリーローンのじぶんローン
< 特集ページへ >


 

 

金利の安いフリーローンについて

金利の安いフリーローンというのは、多くは銀行系のものだと考えていいでしょう。もちろん消費者金融系などにも低金利に設定しているものがありますが、初心者の人などは安心できる大手銀行が経営している業者から利用していくのが良いかもしれません。借りる金額にもよりますが、最大金利でも15パーセント程度のところが多くあるのです。ですから、小口で借りても、安定した収入があればそれほど負担にはならないと考えることもできます。

ただし、融資限度額や返済期間については注意が必要です。いくら金利の安いフリーローンだからと言って、きちんとした返済計画を持たないまま利用するのは危険です。返すあてがないのにお金を借りてしまえば、トラブルになるのは明らかだからです。ですから、利息分のことも頭に入れて、どれだけの期間で、全額でどれだけ返済すればいいのかという計算をしておくことが重要です。それは額の大小が問題ではなく、完済するために当然必要なことなのです。

そして、金利の安いフリーローンというのは、借りやすさという利便性も人気が高い理由としてあげられます。もちろん利息分の負担が軽いという点も大きいのですが、それ以外にも、無担保であったり、保証人が不要であったり、申し込みが簡単であったり、審査基準が厳しくなかったりというように、様々な利点があるのです。ほかにも、即日融資が可能である点もあげることができるでしょう。こういったメリットの多さが、利用者の多さにつながっているのです。

 

利子の安いフリーローンを利用する

負担の少ない返済計画でお金を借りたいという人は、利子の安いフリーローンを利用するのがいいでしょう。借りる金額は同じでも、年利によって返済総額に差が出てくるからです。お金を貸している金融業者のほとんどが低金利を謳い文句にしています。けれども、実際の内容にはいろいろと差が存在しているものなのです。それは金額によって利率に違いがあったり、返済期間なども借り入れ先によってまちまちだったりするからです。

ですから、利子の安いフリーローンを利用したいという人は、自分の返済能力なども考えながら、1番お得なものを選ぶようにしなければいけません。よく言われているのが、銀行系は低金利だということですが、テレビのCMなどでも名前が知られている大手の消費者金融系のところでも安く貸し付けていることが多くなってきました。その場合でも、利息以外の要素をよく確認してから決めるようにしたほうがいいのです。

そして、利子の安いフリーローンを提供している金融機関の多くは、安定した収入があるということを審査基準の真ん中においています。逆に審査がゆるければ、そのぶん貸し付ける側のリスクが高くなるので、年利も増えると考えていいでしょう。きちんとした返済能力があれば、どこで借りても完済することに大きな問題はないと考えていいでしょう。ですから、あとは返済期間と総額でどれだけ返せばいいのかという点がポイントになるのだと言うことができるのです。

 

利息の安いフリーローンの注意点

利息の安いフリーローンというのは、返済の負担が少なくて便利なものだと言えますが、簡単に利用できるということは、そのぶん注意点も存在すると考えていいでしょう。たとえば、借り入れ金額を増やしすぎないことが大切だと言えます。一度に借りることができる上限というのは業者ごとに決まっていますが、なかにはその枠組の範囲内で、融資と返済を繰り返している人もいます。そういったケースでは徐々に借りる額が増えていくといったことも考えられます。

最初のうちは、自分の返済能力の範囲内に収まっていたものが、どんどんと膨らんでいってしまうといったこともありえるのです。そうするといくら利子の安いフリーローンでも、首が回らなくなってしまうことになります。たくさん借りればそのぶん年利も下がると言われるとお得な気がしてしまいますが、実際には返済額も当然膨らむものなのだということです。この点については、事前によく計算しておくことをオススメします。

そして、利子の安いフリーローンでは、無担保、保証人なしのスピード審査で融資が可能であると宣伝しているところも多くあります。そういった便利であることが人気の秘密でもあるのですが、他社からの借り換えを禁止している業者も多くあるので注意しましょう。要するに高い金利の借金を低金利の借金に変更していくやり方です。実質年率が低いほうに借り換えたほうがお得なのは理解できますが、そのための借り換え用プランを用意している業者もあるので、そういったものを利用しましょう。

 

銀行系のフリーローンについて

フリーローンのなかには、大手銀行の直営会社や子会社となっている業者などが存在します。それが銀行系と呼ばれるもので、信頼性が高く、初心者の人などでも利用しやすいものになっているのです。もともとは、小口の融資を扱ってこなかったところが、需要低迷のあおりを受けて進出してきた分野なので、これからもサービスが充実していくことが期待されます。消費者金融から借りるのには、少し勇気がいるという人にも敷居が低いものだと言っていいでしょう。

そして、銀行系のフリーローンの特徴は、なんと言っても低金利であることでしょう。融資限度額も多めに設定しているところもあるので、急に現金が必要になったときなどには便利だと言えるでしょう。お金を借りる際には、どうしても利息が気になるものですが、利用しやすい値に設定されていれば、心配することなく融資を受けて、負担のないように返済していくことができるのです。ただし、きちんと完済できる返済計画が立てられることが基本になります。

また、銀行系のフリーローンの利点として、利用可能なATMや店舗窓口の数が多いという点もあげられるでしょう。融資を受けようにも、お金を受け取りに行くのにATMを捜したり、遠くまで行かないとサービス窓口がないというのでは不便だからです。もちろん、経営しているのが銀行であるということによる安心感と信頼性という点もメリットの一つとしてあげることもできます。厳しい取立てといった一般的なイメージも払拭できるはずです。

 

銀行フリーローンを利用して400万円借りた時の費用の体験談

銀行フリーローンを利用して、400万円借りたor借りる時、どのくらいの費用or代金がかかるんだろう、と不安に思ってる人はいませんか?ここでは私の体験談を通して、実際にかかる費用を紹介します!

私がフリーローンを申し込んだのは、別荘を購入するためです。別荘購入は昔からの夢で、これまでコツコツと貯めてきました。見晴らしの良い物件をとうとう見つけることができたので、購入を決意しました。手元にあったお金は1500万円だったので、不足分の400万円を借入しました。

フリーローンの申込は銀行にあらかじめ予約を入れて、窓口に行きました。この銀行には住宅ローンや投資信託などで、お世話になっている銀行です。担当の中年の男性は2年前から担当してくれていて、いつも金融のアドバイスなんかをいただいています。

フリーローンを利用する費用としては、2千円の印紙代、3万円ちょっとの保証会社手数料、そして借入期間10年間の保証料として9千円程度を支払いました。合計4万円ちょっとですね。あと、借入金はそのまま不動産会社に振り込むという仕組みなので、その振込手数料も数百円支払いました。

私が利用している銀行は、300万円以上のフリーローンにあたっては担保が必要です。その分無担保よりも金利は低く、私は2.775%の変動金利で借り入れをしました。マイカーローンは4.475%だし、無担保のフリーローンは5.975%ということを考えると、かなり良心的な設定だなと思います。あと、私は支払っていませんが、もし一部でも全額でも繰り上げ返済をする時は、別途手数料がかかるみたいです。

もちろん銀行なので、消費者金融などと比べれば安心して利用できます。金利の面もそうですが、借入時の手数料も多額の金額を請求されることもあると聞きます。銀行でも返済が滞ったら担保にいれている不動産は差し押さえられてしまうので、銀行の安心感にあぐらをかかず、しっかり返済していきます!

 

利率の安いフリーローンの選び方

どこのフリーローンを利用してお金を借りるか考えるときには、利率が安いところを探すことから始めるのがいいでしょう。もちろん経営状況や評判なども気になるところですが、いくら借りやすいからといって金利が高いところを選んでしまうと、後になって大変な思いをすることになるのです。とくに年率何パーセントという数字でだけ見てしまう人が陥りやすいので注意しましょう。かならず年間の利息がどれだけで、返済する合計額はどれだけなのかを計算するようにしましょう。

そして、利率の安いフリーローンを探すには、インターネットの比較サイトを利用することをオススメします。たくさんの業者を一覧表示してもらえるので、そのなかで自分に合った内容のものを選んでいくことができるのです。そして、気になったところがあれば、直接公式ホームページを訪れてみましょう。紹介サイトの情報が古いこともあるので、必ず最新情報を確認するようにしなければいけません。キャンペーンなどもやっていることもあるからです。

ほかにも、利率の安いフリーローンを選ぶ際には、その会社の信頼性というのにも注目しておきたいと言えます。利息が安いけれど、返済期間が短かったり、変動金利になっていたりといったこともあります。事前に説明された内容をよく確認しておかなければいけません。そういった意味で言えば、銀行系のものが安心できると言えるでしょう。経営状態も問題ないので、初めて利用するという人にも向いていると言えるはずです。

「フリーローン低金利.com」で検索

当サイトは「フリーローン低金利.com」で検索。

公開日:
最終更新日:2017/08/22