フリーローン低金利!おすすめ銀行&消費者ローンと審査 by借りパパ

自由なお金を借りることができるフリーローン(カードローン)。スマホやネットで完結できるところも増えています。【借りパパ】調べのフリーローン低金利〈特集サイト〉です

*

伊予銀行フリーローンは低金利?審査ゆるい?甘い?厳しい?

伊予銀行フリーローン「ローンズファミリー」の審査基準

金融機関コード(銀行コード) 0174

愛媛県にある地方銀行として知られているのが伊予銀行です。ここでは、「ローンズファミリー」と呼 ばれるフリーローンを販売しています。特徴としては、24時間いつでもインターネットで融資申し込みができるため、非常に利便性が高いことが挙げられま す。最短で2営業日後には振込が完了していることもあり、急な出費にも手早く対応することができる点が評判です。

このフリーローンを利用できる人は、20歳以上65歳未満の安定した収入のある人になります。総量規制の対象外になっていますので、専業主婦でも借 入することは可能です。また、パートやアルバイトでも借入することはできます。ただし、専業主婦の場合は配偶者に安定した収入がある必要があります。ま た、伊予銀行の営業エリア内に住んでいる人か、勤務している人であることも条件になります。

限度額は10万円から500万円まで可能で、1万円から借入をすることができますが、専業主婦やパート、アルバイトの場合は限度額が30万円以内に なります。また、申込金が300万円以内の場合は所得証明書などは必要ありません。使い道は自由で、事業性資金以外であればどんな使い道でも借入すること ができます。

金利は4%~10%となっています。オリエントコーポレーション株式会社の保証がついていますので、保証人や担保などは原則として必要ありません。返済方法は毎月元利均等返済で、融資期間は最長で10年以内となっています。

 


go-lp

カードローン金利が
1番安いのは?

メガバンク・ネット銀行を
含めた安心なローン会社の
金利一覧表はこちら ⇐



【 AUユーザー必見! 】
AUユーザーのあなたには
金利の優遇がある!

じぶん銀行カードローンの
金利と審査
フリーローンのじぶんローン
< 特集ページへ >


 

フリーローンやカードローンで借りた話等のコラム(伊予銀行 非限定)

フリーローンで公認会計士試験を目指す!

僕は大学生時代から公認会計士になりたいと思っていました。ただ「公認会計士の就職難」が叫ばれているのを、みなさんもご存じでしょう。公認会計士試験に合格したから、必ずしも就職口があるという時代ではなくなってしまったのです。

少し前までは「大学卒業後、就職はせずに、公認会計士試験のための専門学校に通う」という方法を選ぶ人も多いし、僕もそうしようかと思っていまし た。でも、公認会計士試験が難関ということと、就職難の問題を考えると「時間はかかっても、働きながら合格を目指すのが良いのでは?」と思えてきました。

就職して1、2年くらいは、仕事を覚えるのに精一杯で、資格スクールに通うどころではありませんでした。しかし、2年目になって仕事に慣れてきたこ ろに、改めて公認会計士試験のスクールを探すことにしました。就職して日が浅いですから、貯蓄も十分でなかったので「フリーローンで学費が準備できない か?」と考えました。ただ、フリーローンの利用審査で、勤続年数が重要視されるという話を聞いて「初めのうちは、学費を貯蓄で賄い、勤続年数が3年を超え たころに、フリーローンの申し込みをしよう」と考えました。

ここまで書いてみると、僕はけっこう慎重派なんだろうかと思えますが、そういう性格だからこそ、公認会計士という職業にひかれるのかもしれません。 現在は、仕事と資格スクールとの両立をがんばっています。職場の同僚や上司も理解してくれていますので、これからも頑張っていきたいと思うのです。

金額の枠を自由に使えるのがフリーローンではないのはご存知ですか?カードローンとの違いを比較

銀行員が解説する「フリーローンとは?カードローンとの違いは?銀行融資を比較」というページから引用

融資は証書貸付が基本

融資の基本は証書貸付です。
そのため、住宅ローンも自動車ローンもフリーローンも目的別ローンもすべて証書貸付です。

カードローンだけが当座貸越

個人向けのローンの中ではカードローンだけが当座貸越です。
当座貸越にローンカードを発行し極度枠限度額の範囲内でカードを使用してATMから自由にお金を引きだせるようにしたのがカードローンです。
引用元:http://fundbank.jp/bank-freeloan/2197.html(←違いをもっと詳しく知りたい人は読んでみて)

 

住宅購入の諸経費ローンと銀行の利用法

住宅ローンにつきましては、建物の購入と土地の購入という不動産に使えるものになっています。しかし、問題になってくるのが諸経費です。住宅を得る というには様々な諸経費がかかってきます。その諸経費の主な部分ですが、まずは不動産仲介手数料があります。不動産仲介手数料は不動産価格の3パーセント プラス6万円プラス消費税となります。不動産価格が4500万円でしたら、148万500円です。それだけ不動産仲介手数料という諸経費がかかります。ま たそれだけではありません。保証料や保険料などもあります。また登記料もかからいますし、引っ越し費用などもかかってくるものです。ですので、住宅の購入 は出来たもののそういった諸経費でいっぱいいっぱいになってしまう可能性もあります。そのような諸経費につきましては、ローンと銀行の利用法を考察してみ ましょう。住宅購入の諸経費ローンと銀行の利用法というものがあります。実は諸経費ローンというものが銀行にある可能性があります。ですので、住宅購入の 諸経費につきまして費用でお困りでしたら、まずは利用してみるということができるのです。上記したような住宅取得に関わるような費用にしっかりと対応して いるローンです。限度額につきましては数百万円ですので、十分に対応していけるローンになっています。銀行ローンですので、金利も低めに設定されていま す。諸経費に不安な方は、まずは住宅購入の諸経費ローンと銀行の利用法について考察していくことが肝心です。

「フリーローン低金利.com」で検索

当サイトは「フリーローン低金利.com」で検索。

公開日:
最終更新日:2016/12/08