フリーローン低金利!おすすめ銀行&消費者ローンと審査

自由なお金を借りることができるフリーローン(カードローン)の低金利〈特集サイト〉です。銀行のお得な利用方法なども

*

豊富なじぶん銀行の商品。住宅ローン、株式取引口座、投資信託、FXなど

      2016/04/01

じぶん銀行の住宅ローン

じぶん銀行にはほかの銀行と同様に住宅ローンも扱っており、これから住宅を購入したいと考えている人から利用されています。

住宅ローンと聞くとやや敷居が高い、わかりにくいというイメージを持っている人もいると思いますが、じぶん銀行の住宅ローンはとてもわかりやすく、さらにお得なサービスも受けられるのでメリットは大きいでしょう。

住宅ローンを利用するときにまず気になるのが金利面だと思いますが、じぶん銀行の住宅ローンには2つの金利プランが用意されており、希望に応じて使い分けることができます。

まず変動金利の下げ幅を重視する場合、変動金利選択プランというものがあり、こちらはできるだけ金利を節約して早く返済していきたいという人におすすめです。

借り入れ金利は2015年10月時点では年0.595%、基準金利は年-2.080%となっていますが、こちらは市場金利によって変動がありますので正確な金利を知るために申し込み時に再度確認しましょう。

次に固定金利の引き下げを重視する人は当初金利引下げプランがおすすめで、こちらは特約期間5年の場合借り入れ金利が年0.980%、基準金利からの引き下げ幅が年-2.420%、特約期間終了後の基準金利からの引き下げ幅が年-1.620%となっています。

当初金利引下げプランは10年のプランもありますので、長いスパンで検討している場合はそちらのほうがいいかもしれません。

このようにじぶん銀行の住宅ローンは金利面でもお得に利用できるのです。

じぶん銀行の株式取引

じぶん銀行の口座を持っている人はカブドットコム証券を利用した株式取引が可能で、初めて株式取引をする人にもわかりやすいシステムになっています。

一般的に株式取引と聞くとリスクが大きい、損をしてしまうと大変なことになるというイメージがありますが、じぶん銀行の株式取引は初めての人でも安心して取引できるようにリスク管理もきちんとできています。

たとえば現物取引をする場合、株価の変動を自分で見ながら買い時を探らなければいけませんから、逐一確認しなくてはなりません。

少し目を離している間に買い時を逃してしまったということもよくありますが、カブドットコム証券では自動売買と呼ばれるシステムがあって、希望する金額まで下がったら買いたいということであればあらかじめ売買予約をしておくことができます。

また50歳以上の人や女性、NISA口座を持っていればお得な割引サービスを受けることができ、手数料が優遇されます。

信用取引をする場合も一般信用で売建できる銘柄が2000以上あるので、かなり使いやすいのではないでしょうか?

それでは実際に株式取引のはじめ方ですが、冒頭でじぶん銀行の口座を持っている人はと言いましたが、取引するためにはカブドットコム証券の口座も必要になります。

じぶん銀行の口座があれば開設も簡単ですので、ホームページやアプリからアクセスしてみてください。

詳しいやり方もそちらに記載されていますし、お得なサービスに関する情報も見ることができます。

じぶん銀行の投資信託

カードローンに申し込むときに誰もが気になるのが審査に通るかどうかという点だと思いますが、じぶん銀行のカードローンの審査はどうなのでしょうか?

最初に知っておいてほしいのは審査に柔軟なカードローンというのは審査基準が甘いということではなく、利用対象となる層が幅広いことでそう感じるということです。

よくあそこは審査に通りやすいという話題を目にしますが、これは特別に審査基準が甘いということではないのです。

その点でじぶん銀行は利用者の層も幅広く、会社員の人もいれば自営業、アルバイトの人と非常に多くの人が利用していますので、審査には柔軟だと言えるかもしれません。

しかしだからといって必ずしもすべての人が通るかと言われればそうではなく、基準自体はほかのカードローンと一緒です。

カードローンの審査は銀行側が独自に行いますが、そのときに必ず信用情報機関という場所から申込者の借り入れ履歴などを確認して信用度がどの程度あるのかという情報を仕入れます。

従って他社での借り入れ状況が悪い、すなわち借り過ぎていたり返済状況に問題があると審査には通らないでしょう。

ただその点に問題がなければ借り入れできると思いますし、希望額が無理な金額でなければ要望にもできるだけ応えてくれるはずです。

まずはじぶん銀行の申し込み条件等を確認し、適切な希望額を出してから申し込みをしてください。

合わせて返済シミュレーションも忘れずにしておきましょう。

じぶん銀行のFX

近年FXという言葉をよく聞くようになりましたが、これはどういったものなのでしょうか?

じぶん銀行にもFXがありますので、これからFXをはじめたい人はどういったものか知ると同時に是非じぶん銀行FXにチャレンジしてみてください。

まずはじめにFXとはどういうものかを説明すると、これは簡単に言えば外貨取引の一種でその魅力は何と言っても自由度の高さです。

外貨預金の場合、いわゆる「外貨を買う」ことからはじめなければなりませんので、円安時に狙いを定めていかなければなりませんが、FXは売ることからはじめられるため円高でも利益を出すことが可能です。

これは円しか持っていない状態でも可能で、FXの場合通貨の交換をするのではなく取引開始時とは反対の売買をして成立させてその差額で利益を出すのでそもそも最初の時点で外貨を持っている必要がないのです。

つまりどの通貨を使うかではなく、いかに差額で利益を出すかに重点を置いた取引だと言えるでしょう。

またじぶん銀行のFXは小額からでもはじめることができ、1米ドルが100円の場合5000円あればはじめられます。

さらにFX口座の開設やその他手数料も無料なので、株式取引や投資信託と比べてもかなりはじめやすい部類に入ります。

このようにじぶん銀行のFXははじめての人でも気軽にできるシステムになっていますから、今注目を集めておりホームページ上でも詳しい説明が見れますので読んでみてください。

商品利用に必要なもの

じぶん銀行には様々なサービスがあり、使い方は人によって異なると思います。

そこでここではじぶん銀行の商品をスムーズに利用するために必要なものは何か紹介していきます。

まずはじめにじぶん銀行はネットバンクですから、インターネットに接続できる環境がなければいけません。

これはパソコン・スマートフォン・携帯電話いずれを利用するにしても必要になります。

スマートフォンや携帯電話の場合はキャリア契約時に専用の回線も契約しますので、すぐに使えますが、パソコンと併用するのであれば自宅にネット環境を整えておいてください。

またじぶん銀行はKDDIが運営に携わっているネットバンクですから、auのスマートフォンを利用するとよりお得なサービスが受けられます。

普通口座を利用するときはもちろん、カードローンや住宅ローンにも適用される特典がたくさんありますので、じぶん銀行を定期的に使うのであればauと契約しておくことをおすすめします。

口座開設時に必要なものは基本的に本人確認書類のみで、運転免許証や健康保険証など誰でも持っている一般的なものがあればすぐにできます。

株式取引や投資信託、FXなどを利用する場合はじぶん銀行の普通口座とは別にカブドットコム証券の口座も必要になりますので、利用予定の人はそちらも合わせて準備しておきましょう。

異常がじぶん銀行の商品利用の際に必要なものになりますから、どういう使い方をするのかあらかじめ決めておいてください。

「フリーローン低金利.com」で検索

当サイトは「フリーローン低金利.com」で検索。

 - じぶん銀行とAU