フリーローン低金利!おすすめ銀行&消費者ローンと審査 by借りパパ

自由なお金を借りることができるフリーローン(カードローン)。スマホやネットで完結できるところも増えています。【借りパパ】調べのフリーローン低金利〈特集サイト〉です

*

きらやか銀行フリーローンは低金利?審査ゆるい?甘い?厳しい? ●余りあり

きらやか銀行フリーローン「きらやか便利ローン」の審査基準

金融機関コード(銀行コード) 0508

山形県にある地方銀行として知られているのがきらやか銀行です。ここでは、フリーローン商品として 「きらやか便利ローン」を販売しています。このローンは、電話やインターネットでいつでも仮審査を受けることができます。そして、審査に通過れば借入する 為の契約を結ぶこととなり、来店することなく融資を受けることができるので、多くの人が利用しているローンです。

利用できる人は、20歳以上65歳未満で、安定した収入があることが条件になっています。また、総量規制の対象外になっていますので、専業主婦の人 でも借入することができます。さらに、パートやアルバイトの人でも借りることができるので、その幅は広がっています。しかし、アルバイトをしていたとして も学生は利用できませんので、その点は注意する必要があります。さらに、きらやか銀行の営業エリア内に居住する人か、もしくは勤務している人が対象となっ ています。

限度額は10万円以上300万円以内で、1万円単位で借入することができます。これは限度額になっていますので、審査内容によっては希望通りに行か ない場合もあります。使い道は自由ですが、事業性資金に使うことはできません。借換ローンやおまとめローンに使うことができるのが良い点です。

金利は4.5%~14%となっています。返済方法は、毎月元利均等返済を採用しています。担保や保証人は原則として不要で、借入期間は最大で7年となっています。

 


go-lp

カードローン金利が
1番安いのは?

メガバンク・ネット銀行を
含めた安心なローン会社の
金利一覧表はこちら ⇐



【 AUユーザー必見! 】
AUユーザーのあなたには
金利の優遇がある!

じぶん銀行カードローンの
金利と審査
フリーローンのじぶんローン
< 特集ページへ >


 

フリーローンやカードローンで借りた話等のコラム(きらやか銀行 非限定)

銀行のフリーローンから住宅資金を借りました

私は30代の男性です。
現在は会社員をしています。
先日、銀行のフリーローンからマンションの費用or代金を460万円借りました。
これはそれにまつわる話です。

私は大学を卒業後に今の会社に就職しました。
会社は金融機関で、大学の頃からこの業界に絞って就職活動をしていました。
大学の学部も経済学部で、ゼミも金融関係の先生の所でお世話になりました。
このことから私が金融機関で働くことは自然だったような気がします。

 

私は現在法人営業部に所属しています。
ここでは企業や団体などに対して自社の金融商品に関するものを営業するのです。
非常に忙しい部署で、会社の中でも一番と言われています。
最近は、企業や団体などを取り巻く環境は非常に難しいのです。
このため私の部署は忙しく動き回らなければいけません。
もともとは総務部にいましたが、30歳になった頃この部署へ人事異動してきたのです。
今の部署に来てからは数年経過し、当初よりもだいぶ落ち着いて仕事ができるようになりました。
現在は後輩を指導する立場をもらい、毎日奮闘しています。

金額の枠を自由に使えるのがフリーローンではないのはご存知ですか?カードローンとの違いを比較

銀行員が解説する「フリーローンとは?カードローンとの違いは?銀行融資を比較」というページから引用

融資は証書貸付が基本

融資の基本は証書貸付です。
そのため、住宅ローンも自動車ローンもフリーローンも目的別ローンもすべて証書貸付です。

カードローンだけが当座貸越

個人向けのローンの中ではカードローンだけが当座貸越です。
当座貸越にローンカードを発行し極度枠限度額の範囲内でカードを使用してATMから自由にお金を引きだせるようにしたのがカードローンです。
引用元:http://fundbank.jp/bank-freeloan/2197.html(←違いをもっと詳しく知りたい人は読んでみて)

 

私は今まで多くの人に出会いました。

会社の人や社外の人などです。
その中である一人の女性との出会いがありました。
その人は取引先の人で、私がその企業に足を運んだことがきっかけで知り合いました。
その後は何度も会社で会い、いつしか連絡先を交換することになったのです。
私の方から誘い、二人だけで会って食事をするようになりました。
そこから彼女とは交際をするようになり、二年の交際期間を経て結婚に至ったのです。

現在は彼女は仕事を辞めており、専業主婦として家庭を支えてくれています。
そんな彼女との暮らしは今まで住んでいたアパートから新たにマンションへ移動する計画をたてていたのです。
このマンションとは賃貸ではなく分譲の物件でした。
そのため資金が必要で、銀行からお金を借りることにしたのです。
費用or代金は460万円借りたのです。
銀行のフリーローンから借りましたが、これは使う目的を問われないので非常に使いやすいのです。
また、審査や融資までの時間が短く、何日も待たされるようなことはありませんでした。
借りる額がやや大きいので収入を証明するものや身分を証明するものが必要ですが、それがあれば簡単に借りることができました。
今後もまた機会があれば利用したいと思います。

 

実際に知っておきたいローンと銀行の特徴とは

お金に関わる事項としてローンと銀行の特徴を知っておくことは非常に大切なことです。特に銀行からお金を借りるということは非常に敷居の高いイメー ジがありますが、実際には銀行側からすると銀行からお金をかりてくれる人が本当のお客様であり、ローンはそのお客様が利用してくださる商品と言えます。こ のため、銀行は預金高が重要視されるようなイメージがありますが、実際には貸出額の方が重要なのです。このため、銀行からお金を借りる時にはローンと銀行 の特徴をしっかりと把握して、実際には借りる側が有利であるということを知っておくことで銀行とのつきあい方が理解出来るのです。実際に銀行からお金を借 りる場合には住宅購入や自動車の購入、設備投資などのケースがありますが、銀行側は借りたお金を返してもらって初めて利益が出ることになるため、可能な限 り安全な貸出先を選び、損をしない条件で貸し出すことを行います。しかしながら、実際にはローンの返済が滞ることもしばしばあり、最悪の場合には不良債権 化することもあります。また、不動産に対する抵当権や連帯保証人を付けている場合でも、不動産の競売や連帯保証人への返済を求める手続きなどについては複 雑な手続きが必要であり、経費も掛かることから銀行としては可能であれば避けたいと考えるのが一般的です。そこで、多くの場合にはローンの返済について返 済期間を延ばすなどの協議に応じてくれることもあります。このようにローンと銀行の特徴について知っておくだけで、銀行からの借り入れについてのイメージ が全く変わることになるのです。

 

「フリーローン低金利.com」で検索

当サイトは「フリーローン低金利.com」で検索。

公開日:
最終更新日:2016/12/08