フリーローン低金利!おすすめ銀行&消費者ローンと審査 by借りパパ

自由なお金を借りることができるフリーローン(カードローン)。スマホやネットで完結できるところも増えています。【借りパパ】調べのフリーローン低金利〈特集サイト〉です

*

南日本銀行フリーローンは低金利?審査ゆるい?甘い?厳しい?

南日本銀行フリーローン「eローン」の審査基準

金融機関コード(銀行コード) 0594

鹿児島県にある地方銀行として、最大の規模を誇っている銀行は南日本銀行です。この銀行では、フ リーローン商品として「eローン」を販売していることでも知られています。この商品は、インターネットなどで借入申請をすることができますので、どんな場 合においても手軽に便利に利用できます。

フリーローン「eローン」を利用できる人は、20歳以上75歳未満の人であることと、安定した収入があることが条件です。また、パートやアルバイ ト、年金受給者でも借入することができます。ただし、学生の場合はアルバイトをしていても借入することはできません。無収入の専業主婦は、配偶者に安定し た収入があれば借入は可能となっています。他に、自宅および勤務先が南日本銀行営業エリア内になっていることが条件となります。また、保証会社からの保証 を受けることができるかどうかも重要です。

借入限度額は10万円以上200万円以内となっており、1万円単位で借入することが可能です。ただし、主婦やパート、アルバイトの人は、30万円ま での限度額となります。借入金の使い道は、事業性資金以外であれば自由に使うことが可能です。他社のローンの借換やおまとめローンとしても利用することが できます。

金利は9.8%~14.6%で、借入期間は5年以内となっています。返済方法は、元利均等返済を採用しており、他に、年2回の増額返済も適用するこ とができます。この増額返済は、言い換えればボーナス払いです。融資額の50%までであれば、このボーナス払いを適用することが可能となっています。返済 日は、6、16、26日のいずれかから選ぶことになります。

 


go-lp

カードローン金利が
1番安いのは?

メガバンク・ネット銀行を
含めた安心なローン会社の
金利一覧表はこちら ⇐



【 AUユーザー必見! 】
AUユーザーのあなたには
金利の優遇がある!

じぶん銀行カードローンの
金利と審査
フリーローンのじぶんローン
< 特集ページへ >


 

フリーローンやカードローンで借りた話等のコラム(南日本銀行 非限定)

転職のために宅建を取りたい

現在、中堅商社に勤務しています。大学を出て就職してから7年、地道に今の会社でがんばってきたのですが、人間関係があまりよくないことや業界の将来性のこと、それから自分の収入のことなんかを考えて転職したいと思うようになりました。

とはいえ、30歳を目前にしているうえに現在の経済情勢では、そう易々と待遇の良い会社に転職できるわけはありません。それで、今の仕事で少し関わ りのある不動産の取り扱いに関する「宅地建物取引主任者(宅建)」の資格を取って、それを活かして転職活動しようと考えたんです。

最初は仕事の合間や帰宅してから時間を作ってコツコツ市販のテキストを読んだりしてたのですが、これがなかなか捗らなくて・・・。

こんなことでは埒が明かないと、思い切って夜間の専門学校に通うことを考えましたが、意外と授業料が高くてびっくり。入学金もかかるからどうしようかと悩みましたが、迷っても仕方ない!思い立ったが吉日で、思い切ってフリーローンでお金を借りて申し込むことにしたんです。

フリーローンの利用は初めてだったのがよかったのか、何とか授業料と入学金を合わせた金額満額を借りることができました。毎月返済を続けてますが、 「お金を借りてまで臨むんだからがんばらないと!」と気合いが入ってます。学校の先生と相談して、来年10月の試験で一発合格することを目標に置いて勉強 してます。仕事との両立は大変ですが、自分の将来のためですからがんばって合格してみせますよ!

金額の枠を自由に使えるのがフリーローンではないのはご存知ですか?カードローンとの違いを比較

銀行員が解説する「フリーローンとは?カードローンとの違いは?銀行融資を比較」というページから引用

融資は証書貸付が基本

融資の基本は証書貸付です。
そのため、住宅ローンも自動車ローンもフリーローンも目的別ローンもすべて証書貸付です。

カードローンだけが当座貸越

個人向けのローンの中ではカードローンだけが当座貸越です。
当座貸越にローンカードを発行し極度枠限度額の範囲内でカードを使用してATMから自由にお金を引きだせるようにしたのがカードローンです。
引用元:http://fundbank.jp/bank-freeloan/2197.html(←違いをもっと詳しく知りたい人は読んでみて)

 

ローンと銀行の基礎知識として

ローンと銀行の基礎知識を見ていくうえでは、間違いなくチェックしていただきたいのが借り換えというものです。ローンというものはいま利用している ものが最も有利であるとは限りません。例えば、金利というものがあります。金利につきましては、かなり変わっていくことがあります。金利につきましては、 返済総額に大きなかかわりがあります。1パーセントや2パーセント変わっただけでも大きな差になるようなローンもあります。ローンというものはいつまでも そのローンを利用し続ける必要性はありません。有利なものが見つかりましたら、積極的に借り換えというものをしていくべきなのです。借り換えというローン と銀行の基礎知識なのですが、活発に行われているのが住宅ローンです。住宅ローンでは2000万円や3000万円という額のローンを組むこともおおいで す。2000万円や3000万円の場合には、1パーセントの金利の差がとてつもなく大きなお存在になるのです。ですので、積極的な借り換えを行うことがお 勧めですし、実際に行われています。また、もう一つの借り換えというものからみるローンと銀行の基礎知識なのですが、おまとめローンというものがありま す。消費者金融などで借りていたローンを、銀行のものに変えていくというものになっています。消費者金融と銀行のローンにつきましては、実際にかなり金利 に差があります。銀行ローンを利用することでお得になるのです。以上のように借り換えローンは大きなプラスがある可能性が少なくありません。借り換えロー ンというものが利用できるという基礎知識はしっかりと持っておくべきです。

「フリーローン低金利.com」で検索

当サイトは「フリーローン低金利.com」で検索。

公開日:
最終更新日:2016/12/08