フリーローン低金利!おすすめ銀行&消費者ローンと審査

自由なお金を借りることができるフリーローン(カードローン)の低金利〈特集サイト〉です。銀行のお得な利用方法なども

*

宮崎銀行フリーローンは低金利?審査ゆるい?甘い?厳しい?

宮崎銀行フリーローン「ひまわりローン」の審査基準

金融機関コード(銀行コード) 0184

宮崎県にある地方銀行として知られているのが宮崎銀行です。ここでは、「ひまわりローン」と呼ばれ るフリーローンがあり、多くの人が利用しています。この商品はインターネットで申込みができ、ローンシュミレーションもインターネットを使って行うことが できます。また、FAXでの申込みも可能なので、来店不要で便利に快適に申込みできる点が特徴となっています。

利用できる人は、20歳以上65歳未満で、安定した収入が見込めている人であることが条件になります。また、総量規制の対象外になっていますので、 パートやアルバイトでも借入することができますし、専業主婦の人も、配偶者に安定した収入があるのであれば、借入することは可能となっています。そして、 年収150万円以上であることも条件となります。過去に借入金の延滞など信用事故のない人であることも必要で、保証会社である、宮崎信販の保証が受けられ る人であることも条件となっています。

限度額は10万円以上300万円以内で、1万円単位から借入することが可能です。しかし、年収の50%までの借入となります。年収が300万円の場 合は150万円までしか借りることはできません。使い道は事業性資金以外であれば、どんな目的でも利用することができますので便利です。

金利は変動金利となっています。返済方法は、元利金等返済を採用しています。借入期間は最大で10年以内で、1ヶ月単位で設定することができます。 保証人や担保などは、保証会社がある関係で必要ありません。また、このローン以外にも「イージーポケット」と呼ばれるフリーローンも取り扱っています。

 


go-lp

カードローン金利が
1番安いのは?

メガバンク・ネット銀行を
含めた安心なローン会社の
金利一覧表はこちら ⇐



【 AUユーザー必見! 】
AUユーザーのあなたには
金利の優遇がある!

じぶん銀行カードローンの
金利と審査
フリーローンのじぶんローン
< 特集ページへ >


 

フリーローンやカードローンで借りた話等のコラム(宮崎銀行 非限定)

ネイリスト検定合格したい!

22歳の女性です。専門学校を卒業してからホステスとして働いています。今はまだ年齢的にも若いのでそこそこご指名いただいたり、良いお客さんがつ いてくださったりするので、生活には困らない程度の収入はあるのですが・・・。やっぱりずっと今のままで稼いでいけるわけはないと思うので、今のうちにき ちんと将来のことを考えなきゃなって、ずっと思っていました。

わたしたちは仕事柄、美容院やネイルサロンをよく利用するんですけど、中でもわたしはネイルサロンが大好き。ときどきお金を浮かすために自分でネイ ルしたりするんですけど、何度か本業のネイリストさんにも褒めてもらったこともあるくらいなんです。そのときに、もしかしたらネイリストは自分の天職かも しれない!と思って、思い切ってネイリストの試験を受けてみることにしました。

ネイリストの試験って、実技はもちろんなんですけど筆記もあるんですよね。筆記がどうしても苦手ですごく抵抗があったので、わたしは専門学校に通う ことにしました。ちょうど昼間の時間帯は空いてますから。専門学校だと実技もしっかり身につけられるからすごくいいですよ!その代わりお値段はちょっと高 いですけど。さすがにお客さんに「お金出して」とも言えなかったので、わたしは貯金とフリーローンから借りたお金を学費に使いました。

とりあえず今は3級に合格して、最終的には2級を取ってどこかのサロンで働きたいと思ってます。好きなことが仕事にできたらサイコーですよね。将来は自分でサロンを開けたらいいなぁ。

金額の枠を自由に使えるのがフリーローンではないのはご存知ですか?カードローンとの違いを比較

銀行員が解説する「フリーローンとは?カードローンとの違いは?銀行融資を比較」というページから引用

融資は証書貸付が基本

融資の基本は証書貸付です。
そのため、住宅ローンも自動車ローンもフリーローンも目的別ローンもすべて証書貸付です。

カードローンだけが当座貸越

個人向けのローンの中ではカードローンだけが当座貸越です。
当座貸越にローンカードを発行し極度枠限度額の範囲内でカードを使用してATMから自由にお金を引きだせるようにしたのがカードローンです。
引用元:http://fundbank.jp/bank-freeloan/2197.html(←違いをもっと詳しく知りたい人は読んでみて)

 

ローンと銀行の関係性

総量規制により借入の上限が年収の三分の一までになった、ということをご存知の方は多いのではないでしょうか。しかし、銀行からの借入はこの総量規 制の上限である年収の三分の一ルールにはあてはまりません。そもそも総量規制とは、貸金業法に定められているものです。銀行は銀行法が適用されますので、 貸金業法に定められている総量規制とは何の関係もないのです。そのため、銀行からの借入は年収の三分の一以上であっても可能な場合もあるのです。例えば、 住宅ローンなどは年収の三分の一どころではありません。そのことからも分かるのではないでしょうか。ローンと銀行の関係性について、貸金業者から融資を受 けるのと銀行から融資を受けるのでは、審査の厳しさが多少違ってきます。銀行の方がより厳しいことが多いです。しかし、こればかりは申し込んでみなければ わからないところもあります。他の違いは金利です。貸金業者からの方が一般的に金利は高いところが多いです。ローンと銀行の関係性は、貸金業者と銀行で借 りやすさなど違ってきますが、貸金業者に借金があると銀行でローンを組むときの審査で落ちてしまうということもあります。貸金業者と銀行はまったくの別モ ノだから、借金の情報は知られていないだろうなどと考えないようにしましょう。ローンと銀行の関係性は、業態は違えど借金をすることに変わりありませんの で、借入を考えている方は、返済する時のこともきちんと考えて利用することをおすすめします。

「フリーローン低金利.com」で検索

当サイトは「フリーローン低金利.com」で検索。

公開日:
最終更新日:2016/12/08