フリーローン低金利!おすすめ銀行&消費者ローンと審査

自由なお金を借りることができるフリーローン(カードローン)の低金利〈特集サイト〉です。銀行のお得な利用方法なども

*

武蔵野銀行フリーローンは低金利?審査ゆるい?甘い?厳しい?

武蔵野銀行フリーローン「むさしのスーパーフリーローン」の審査基準

金融機関コード(銀行コード) 0133

埼玉県にある、地方銀行として最大規模を誇るのが武蔵野銀行です。そこでは武蔵野銀行フリーローン「むさしのスーパーフリーローン」を取り扱っています。このローン以外にも、「むさしの女性専用フリーローンキラリエ」や「むさしのフリーローンまるごとパック」などもあります。仮審査はインターネットを使って申し込むことができ、その後で各支店に行くことで融資申し込みをすることができます。

利用できる人は20歳以上65歳未満の人で、安定した収入と返済ができる人に限られています。さらに、成人以上ということが条件ですが、学生でも借入することができます。ただし、アルバイトやパートなどで収入を得ていることが条件です。また、専業主婦でも借入することができます。ただし、審査内容によっては学生でも借入できない場合もあります。専業主婦の場合は、配偶者に安定した収入があることが条件となります。

限度額は10万円以上500万円以内で、1万円単位で借入することができます。パートやアルバイト、専業主婦の場合は、借入限度額は30万円に固定となります。使い道は自由ですが、事業性資金の場合は借入することができません。

金利は、年率5%~14%です。保証人や担保などは原則として必要ありませんが、保証会社からの審査内容によっては追加で保証人を立てる必要があります。支払い方法は元利均等返済で、借入額と金利の合計を均等に分割した金額を支払う流れになります。リボルビング払いとは区別されていますので、その点は注意する必要があります。

 


go-lp

カードローン金利が
1番安いのは?

メガバンク・ネット銀行を
含めた安心なローン会社の
金利一覧表はこちら ⇐



【 AUユーザー必見! 】
AUユーザーのあなたには
金利の優遇がある!

じぶん銀行カードローンの
金利と審査
フリーローンのじぶんローン
< 特集ページへ >


 

フリーローンやカードローンで借りた話等のコラム(武蔵野銀行 非限定)

フリーローンで電気通信主任技術者の資格を取得

僕はもともと理系の大学を出て、通信関係の企業に就職しています。工事担任者資格はすでに持っていたのですが、もう一歩ステップアップしたいと思い電気通信主任技術者の資格を取得したいと、考えるようになりました。職場の先輩や大学の同級生には「いつ勉強しているのか?」と首をかしげたくなるような人が、すいすいと合格していくこともあったのです。それで僕も、何度か独学で挑戦していますが、残念ながら不合格だったのです。

そのうち、電気通信主任技術者の通信講座があることを知りました。受講費用は6万円近くかかりますが、僕は「なにがいけなくて、不合格になったのかがわからない」という状況だったので、一人で何とか受験対策をしようとしても、手も足も出ないという状態でした。

6万円ほどの受講料なら、フリーローンで借り入れて徐々に返していけば、収支のバランスも心配ないと思えましたので、通信講座の受講を決めました。

通信講座を受講すると、受講生のためのBBSが用意されていて、仲間と交流することもできます。またわからない点を、質問することもできたので、自分の勘違い、思い込みに気付くことができました。とはいえ、通信講座というのは「モチベーションの維持」が大変です。

電気通信関係の仕事は、お客様先でのトラブルがあった場合、すぐに駆けつけて対処するということもあります。勉強時間が思うように確保できないこともあるので、試験まで時間に余裕をもって受講するのがいいと思います。僕ももうすぐ試験ですので、最後まで気を抜かず頑張っていきたいです。

金額の枠を自由に使えるのがフリーローンではないのはご存知ですか?カードローンとの違いを比較

銀行員が解説する「フリーローンとは?カードローンとの違いは?銀行融資を比較」というページから引用

融資は証書貸付が基本

融資の基本は証書貸付です。
そのため、住宅ローンも自動車ローンもフリーローンも目的別ローンもすべて証書貸付です。

カードローンだけが当座貸越

個人向けのローンの中ではカードローンだけが当座貸越です。
当座貸越にローンカードを発行し極度枠限度額の範囲内でカードを使用してATMから自由にお金を引きだせるようにしたのがカードローンです。
引用元:http://fundbank.jp/bank-freeloan/2197.html(←違いをもっと詳しく知りたい人は読んでみて)

 

銀行ローンの必要性についての実態を考える

現代は、いろいろな面でお金がかかる時代です。子供の教育に関しても、昔と比べて、非常お金がかかります。しかしこういったお金は惜しみなく使って、子供を社会に送り出すことが、親としての義務でもあり、責任でもあります。実際にお金が必要になったときに、一番助かるのは銀行ローンです。銀行ローンの必要性は実際に、資金が必要になったときに、銀行ローンの必要性を強く感じます。そのような場面に遭遇しない限りは、銀行ローンの必要性について、考えることもないのが現実です。ここで、銀行に資金を借りた場合、どのような返済であろうとも、期日までに払うことができることを前提で借りるのが原則です。計画的な返済計画を実行して、安心して生活できるような人生設計が不可欠です。お金を借入しても、実際にきちんと金利を支払い、滞りなく返済することができれば、実績が評価されて、次回にもお金を借りることが容易になります。これは信頼と実績により、銀行側も、それを評価してくれるのです。しかし、これに甘んじて、借入を多くしてしまうと、思わぬ落とし穴あります。こんなはずではなかったと後悔する前に、事前にきちんとした返済計画をたてて、その計画に無理がないかどうかを十分に検討して、借入をしてください。それは、借りる側の最大の義務です。それをクリアしたときに、道は拓けてくるのです。まずは、忠実な返済計画を立てて、確実な実績を積むことが大前提です。

「フリーローン低金利.com」で検索

当サイトは「フリーローン低金利.com」で検索。

公開日:
最終更新日:2016/12/08