フリーローン低金利!おすすめ銀行&消費者ローンと審査 by借りパパ

自由なお金を借りることができるフリーローン(カードローン)。スマホやネットで完結できるところも増えています。【借りパパ】調べのフリーローン低金利〈特集サイト〉です

*

沖縄銀行フリーローンは低金利?審査ゆるい?甘い?厳しい?

沖縄銀行フリーローン「チェキット」の審査基準

金融機関コード(銀行コード) 0188

沖縄県の地方銀行として、最大の規模を誇っているのが沖縄銀行です。沖縄県以外にも支店を構えるなど、県外でも精力的に活動を続けています。この銀行では、フリーローン商品として「チェキット」と呼ばれる商品を販売していることでも知られています。来店不要で借入できることが大きな魅力となっており、多くの人が利用しています。

このフリーローンを利用できる人は、20歳以上65歳未満で、安定した収入と継続した返済ができることが条件となっています。総量規制の対象外になっていますので、どんな人でも借入することができます。専業主婦のように無収入の人でも、パートやアルバイトのように安定していない年収の人でも、制限付きですが借入することが可能となっています。しかし、学生は借りることができません。そして、沖縄銀行の営業エリア内に居住しているか、勤務している人が対象となっています。

限度額は10万円から200万円までで、1万円単位から借りることができます。これは限度額となっていますので、希望通りにいかない場合があります。全ては審査内容によって決定されることとなります。使い道は自由ですが、事業性資金として使うことは禁止されています。

金利は固定金利で、詳しくは電話で問い合わせることになります。返済方法は、元利均等返済を採用しています。担保や保証人は不要で、保証会社を沖縄銀行が立てていますので、消費者が出すことはありません。

 


go-lp

カードローン金利が
1番安いのは?

メガバンク・ネット銀行を
含めた安心なローン会社の
金利一覧表はこちら ⇐



【 AUユーザー必見! 】
AUユーザーのあなたには
金利の優遇がある!

じぶん銀行カードローンの
金利と審査
フリーローンのじぶんローン
< 特集ページへ >


 

フリーローンやカードローンで借りた話等のコラム(沖縄銀行 非限定)

気になった住居があったので、銀行のフリーローンで住居を購入しました

私は、前から自分の住居が欲しいという願望がありました。そのため、働きながら住居を購入するための資金を少しずつ貯蓄しようと考えました。私自身、ローンをすることが好きではなかったので、何年かけても良いので自分の欲しい物のために貯金を続けていこうと思いました。けれども、そんな時に、新聞の広告を読んでいると、気になる情報が記載されていたのです。そこには何と630万円の住居が載っていました。しかも、部屋の配置や雰囲気などが私好みの設計でできていたのです。これを見て、私の頭に直感がよぎりました。

しかし、現時点では貯蓄する前なので、手元にあったのは150万円しかありませんでした。それでも、その住居を買いたい意欲が私の足を前へと推し進めていきました。もうこれはローンするしかないと思い、残りの480万円を借りるため、休日に購入する決意を持って銀行に行くことにしたのです。実際、ローンを組むとしても、しっかり返済していきたかったので、銀行のフリーローンを利用しようと考えました。そして、住居の購入のためにローンを組みに行ったのです。

そんな中、私は、今まで銀行からフリーローンした経験がありませんでした。そのため、いざ480万円借りるにしても、一体どれ位の費用or代金が掛かるのか分からないので不安に感じていました。そもそも、ローンを組むだけでも、生活が苦しいのに、そこに費用も掛かるとなるとさらに苦しいなぁ、と考えていたからです。こうして銀行に行く時は、できれば費用はあまり掛からないでほしいと考えていました。

銀行には、事前に予約を入れてからフリーローンの申込みに行きました。ローンを組む場所は、いつも私が預金でお世話になっている銀行にしました。やはり、馴染みのある所が一番だと思ったからです。

心配していた費用ですが、フリーローンを利用するのに、3万円弱の保証会社手数料と2千円の印紙代、借入期間10年間の保証料として9千円ほどお金を支払うことになりました。これらを合わせると4万円弱でした。内心もっと費用が掛かると思っていたので、想定の範囲内の金額に助かりました。その他、借入金は不動産会社に振り込む仕組みとなっているので、振込手数料を少しばかり支払いました。

後日、念願の住居を購入しましたが、これで気を抜かずにしっかりローンを返済していこうと気合いを入れ直しました。

金額の枠を自由に使えるのがフリーローンではないのはご存知ですか?カードローンとの違いを比較

銀行員が解説する「フリーローンとは?カードローンとの違いは?銀行融資を比較」というページから引用

融資は証書貸付が基本

融資の基本は証書貸付です。
そのため、住宅ローンも自動車ローンもフリーローンも目的別ローンもすべて証書貸付です。

カードローンだけが当座貸越

個人向けのローンの中ではカードローンだけが当座貸越です。
当座貸越にローンカードを発行し極度枠限度額の範囲内でカードを使用してATMから自由にお金を引きだせるようにしたのがカードローンです。
引用元:http://fundbank.jp/bank-freeloan/2197.html(←違いをもっと詳しく知りたい人は読んでみて)

 

ビジネスカードローンと銀行の関係性

ビジネスローンは個人事業者や中小企業の経営者を対象にした融資です。このビジネスローンは中小企業を経営されている方にとって強力な資金面でのサポートとなります。このビジネスローンのサービスを提供している金融機関には幾つかの種類がありますが、その中でも良心的なサービスを提供している金融機関に銀行があります。この銀行のビジネスローンではカードローンのサービスも提供しており、事業資金をATMやキャッシュディスペンサーを利用し借入れる事が出来ます。ここではビジネスカードローンと銀行の関係性についてお話致します。先ず最初に、ビジネスカードローンと銀行の関係性として重要なポイントに便利なサービスがあります。このビジネスカードローンのサービスの中には事業の資金、税金、人事、労務など様々な問題の相談にのってもらえるコンサルティングのサービスを提供している銀行もあります。それ故に、事業の資金繰りや経営状態について適切なアドバイスを得る事が出来る有益なサービスとなっています。次に、ビジネスカードローンと銀行の関係性として金利があります。銀行のビジネスカードローンのサービスは一般的なビジネスローンよりも融資限度額が低く設定されていますが、金利は低く抑えられており、良心的な融資となっています。このように銀行の提供するビジネスカードローンには幾つかの特徴があります。これらの特徴を把握し、有効活用する事で事業に役立てる事が可能です。

「フリーローン低金利.com」で検索

当サイトは「フリーローン低金利.com」で検索。

公開日:
最終更新日:2016/12/08