フリーローン低金利!おすすめ銀行&消費者ローンと審査

自由なお金を借りることができるフリーローン(カードローン)の低金利〈特集サイト〉です。銀行のお得な利用方法なども

*

清水銀行フリーローンは低金利?審査ゆるい?甘い?厳しい?

清水銀行のフリーローン「しみずクイックローン」の審査基準

金融機関コード(銀行コード) 0151

静岡県にある地方銀行として有名なのが清水銀行です。ここでは、清水銀行のフリーローン「しみずクイックローン」を採用しています。このローンの特徴としては、24時間いつでも仮申請ができることにあります。フリーローンの場合、申請は窓口で行うことが多いのですが、その煩わしさを解消してくれています。

利用できる人は、20歳以上65歳未満の人で、安定した収入がある人に限られています。さらに、清水銀行営業担当エリア内に居住する人か、あるいは勤務している人が借りることができます。また、事前に清水銀行の普通預金口座を開設しておく必要もあります。総量規制の対象外になっていますので、年収の3分の1以上の借入をすることが可能です。パートやアルバイトでも借入することができますし、無収入の専業主婦であっても、配偶者に安定した収入があれば利用することができます。そして、清水銀行が指定する保証会社の保証を受けられることも大事な要素になっています。

限度額は10万円から300万円となっており、1万円単位で限度額の設定ができるようになっていますが、実際には審査内容によって限度額は決定していきます。希望通りにならない可能性もありますので注意する必要があります。使い道は自由ですが、事業性資金として使用することはできません。融資期間は最大で7年以内となっています。

金利は、年率6.6%~7.6%です。保証人や担保などは原則として必要ありません。清水銀行の保証会社がついていますので、消費者が改めて保証人を出す必要はないのです。支払方法は、毎月元利均等返済になります。これは、決められた日に均等にお金を支払う制度です。

 


go-lp

カードローン金利が
1番安いのは?

メガバンク・ネット銀行を
含めた安心なローン会社の
金利一覧表はこちら ⇐



【 AUユーザー必見! 】
AUユーザーのあなたには
金利の優遇がある!

じぶん銀行カードローンの
金利と審査
フリーローンのじぶんローン
< 特集ページへ >


 

フリーローンやカードローンで借りた話等のコラム(清水銀行 非限定)

銀行のフリーローンを利用して410万円借りた体験の紹介

私は住宅を購入するために銀行のフリーローンで約410万円借り入れを行いました。銀行のフリーローンを利用したいと考えている方は多いと思います。私もそうでしたが、そこで必要となる費用などを知りたいと言う思いがあったため、私の経験を通してその際のにかかった費用or代金に関して紹介したいと思います。

私が利用したのは、以前から付き合いのある銀行でした。地方銀行の為、全ての銀行に共通すると言うものでは無いかもしれませんが、大よその目安にはなると思います。その銀行では他にもローンを利用した経験がありました。車を購入する際にカーローンを利用したのですが、その際に担当してもらった方の対応が非常に好印象だったため、今回も同じ銀行を利用したと言う感じです。

私が利用したフリーローンの金利は約3.0%の金利のものでした。他の銀行などではもっと低い金利設定のものもあるかと思います。借入れ額が大きいため、出来るだけ金利の低い商品のを選んだ方が良いと思います。その際に必要だった費用は以下の通りです。

・印紙代 約2,000円
・保証会社の手数料 約35,000円
・銀行への手数料(保証料) 約10,000円

合計で約50,000円弱です。費用的には「意外とかかったな」という感じでした。
このあたりの費用に関して、印紙代は同じだと思いますが各種手数料などは変わってくると思います。ローンの申し込みを行うと色々な説明を聞くことが出来ると思いますので、その話を参考にして決めれば良いと思います。その他にも振込み手数料などの費用が若干かかりましたが、この辺はたかが知れているため問題ないと思います。

銀行のフリーローンに限らず、借り入れを行う際に最も注目してほしいポイントは「金利」に関してです。当然、金利が低ければ低いほど返済が楽になりますので、非常に大切だと思います。どの銀行のどの商品を利用しようかと考えた時には、出来るだけ金利の低いものを選ぶと良いと思います。ただし、同じ銀行の同じ商品を選んだとしても、人によって実際の金利は若干変化する可能性があります。また、返済計画や返済中の融通に関しても気にする必要があると思いますので、私個人としては「出来るだけ付き合いのある銀行」で相談するのが一番良いと思います。

金額の枠を自由に使えるのがフリーローンではないのはご存知ですか?カードローンとの違いを比較

銀行員が解説する「フリーローンとは?カードローンとの違いは?銀行融資を比較」というページから引用

融資は証書貸付が基本

融資の基本は証書貸付です。
そのため、住宅ローンも自動車ローンもフリーローンも目的別ローンもすべて証書貸付です。

カードローンだけが当座貸越

個人向けのローンの中ではカードローンだけが当座貸越です。
当座貸越にローンカードを発行し極度枠限度額の範囲内でカードを使用してATMから自由にお金を引きだせるようにしたのがカードローンです。
引用元:http://fundbank.jp/bank-freeloan/2197.html(←違いをもっと詳しく知りたい人は読んでみて)

 

銀行ローンの効果についてその1

銀行ローンの効果は今や色々なところに使われています。ローンキャッシングといわれると大きな買い物、例えば車とか住宅、お子さんの大学の学費など大変な出費が求められるものは生きているうちにたくさんあることです。それに分割で少しでも日々の家計を維持しておく手段がこれなのです。それがローンキャッシングというものです。しかし、今はどうでしょうか。銀行ローンというのは銀行で借りるローンキャッシングであり、審査が必要なものであることは間違いがないのであります。分割払いで一括払いで苦しむ必要はなくなるのだと思うとずっと楽な思いだと思います。銀行ローンの効果は、銀行そのものがいかし出すイメージになっており、審査も銀行相手では難しいものがあります。しかし、しかし目をさますはずです。彼は変な配点基準を持っているのがずっと持ってるわと、言われたことは嬉しいと思いますが、その基準は不公平そのものであり、銀行ローンはその借りにくさから手軽さを感じません。しかし、キャッシングカードと連携したものも販売するとそれは手軽ということばに変わったのです。銀行ローンの効果というものはその便利さもそうですが、その手軽さを利用した借用額のお報告をと思いましたが、北海道が箱根湯本 、名古屋にか見えないのです。銀行ローンの効果に更なる期待をかけているときは期待ですが、それまでに効果が持続していなかったのががどうにかしてほしいと思うのです。

「フリーローン低金利.com」で検索

当サイトは「フリーローン低金利.com」で検索。

公開日:
最終更新日:2016/12/08