フリーローン低金利!おすすめ銀行&消費者ローンと審査 by借りパパ

自由なお金を借りることができるフリーローン(カードローン)。スマホやネットで完結できるところも増えています。【借りパパ】調べのフリーローン低金利〈特集サイト〉です

*

荘内銀行フリーローンは低金利?審査ゆるい?甘い?厳しい?

荘内銀行フリーローン「ドリームコンシェル」の審査基準

金融機関コード(銀行コード) 0121

山形県内にある地方銀行で最大規模を誇るのが荘内銀行です。ここでは、荘内銀行フリーローン「ドリームコンシェル」の商品を販売しています。これ以外にも「ドリームコンシェル・リトライ」という商品も販売していますが、多くの人が利用しているのが、荘内銀行フリーローン「ドリームコンシェル」です。24時間いつでもどこでもインターネットを使った融資申し込みをすることができますので、多くの人に人気があるプランになっています。

利用できる人は、20歳以上70歳未満の荘内銀行の営業担当エリア内に住む人か、もしくは勤務する人で、安定した収入と返済ができることが条件です。また、総量規制の対象外になっていますので、どんな人でも借入することができます。専業主婦でも、パートやアルバイトの人でも借入することが可能です。さらに嬉しいことには、年金受給者においても、年金は収入とみなすことができますので借入することができます。

使い道は自由ですが、事業性資金にだけは使うことができません。限度額は10万円から500万円になります。専業主婦などでも借入できますが、審査内容によっては限度額が30万円以内になる可能性もあります。借入期間は、1年以上10年以内になります。

金利は、年率3.5%~9.8%となっており、遅延損害金は14.6%となっています。担保や保証人は原則的に不要ですが、借入状況などによっては担保が必要になる場合があります。返済方法は、元利金等返済になりますので、借入残高に応じて均等になるような返済方法になっています。

 


go-lp

カードローン金利が
1番安いのは?

メガバンク・ネット銀行を
含めた安心なローン会社の
金利一覧表はこちら ⇐



【 AUユーザー必見! 】
AUユーザーのあなたには
金利の優遇がある!

じぶん銀行カードローンの
金利と審査
フリーローンのじぶんローン
< 特集ページへ >


 

フリーローンやカードローンで借りた話等のコラム(荘内銀行 非限定)

DCプランナーの資格をフリーローンで取る

私は金融機関に勤めていますので、確定拠出年金の知識を得るためにDCプランナー資格を取りたいと思いました。実際、同じ職場でこの資格を活かして、仕事をしている人がいますので。また、私の職場ではDCプランナー資格があると資格手当ももらえるのです。

DCプランナーの資格は、現在は2級と1級があるのですが、合格率はどちらも30パーセント程度です。合格した人は「簡単だよ」と言いますが、3人 のうち2人は落ちているということを考えると、少し不安になりますよね。そのため、通信講座を利用しながら合格を目指すことにしました。DCプランナーの 講座を開講しているスクールはまだ少ないので、通学講座を受けたければ、遠方に出向かなければならないことも、通信講座を選んだ理由の一つです。

スクールの費用はフリーローンを利用しました。貯蓄をしてから勉強を始めるという方法もあったのですが、「勉強を始めたい!」と思ったとき、すぐに始めなければ、熱意が冷めてしまうかもしれないと思い、思い切ってフリーローンを使ったのです。

そして、DCプランナー2級には無事、合格することができました。資格を得たことも大きいのですが、「勉強をして試験会場へ行き、受験する」という 一連の流れを経験できたことで、他の資格にも挑戦しようという意欲がわいてきました。金融機関ではファイナンシャルプランナーなどの資格を持っていると有 利ですので、今後も積極的に受験していきたいと思います。

金額の枠を自由に使えるのがフリーローンではないのはご存知ですか?カードローンとの違いを比較

銀行員が解説する「フリーローンとは?カードローンとの違いは?銀行融資を比較」というページから引用

融資は証書貸付が基本

融資の基本は証書貸付です。
そのため、住宅ローンも自動車ローンもフリーローンも目的別ローンもすべて証書貸付です。

カードローンだけが当座貸越

個人向けのローンの中ではカードローンだけが当座貸越です。
当座貸越にローンカードを発行し極度枠限度額の範囲内でカードを使用してATMから自由にお金を引きだせるようにしたのがカードローンです。
引用元:http://fundbank.jp/bank-freeloan/2197.html(←違いをもっと詳しく知りたい人は読んでみて)

 

手軽なフリーローンを組む前に

フリーローンとは資金使途が自由なローンの事をいいます。多目的ローンや、ファミリーローンと呼ばれることもあります。銀行、信用金庫、労働金庫、JA、消費者金融などで取り扱いがあります。資金使途が自由なため、住宅ローンや、教育ローンといった目的がはっきりとしたものと比べると、金利が高いことが特徴です。同じく資金使途が自由なカードローンとは異なり、申し込みの際にその都度審査があり、借入時には、借入契約書を取り交わすことが一般的です。フリーローンには、一般的に無担保型と有担保型の2種類があります。無担保型は結婚、趣味、レジャー、旅行などの際の小口のローンで、有担保型は、別荘購入や相続資金など大口のローンとなっています。使用使途が目的別ローンの対象となっていれば、低い金利で借りることができますので、適応にならないか事前に確認した上で、フリーローンを利用しましょう。住宅ローンでは、連帯保証人が必要になりますが、フリーローンでしたら、連帯保証人が不要です。数十万円の小口でしたら、本人確認のみで借り入れが可能なため、手軽に利用することができます。その手軽さから安易になってはいけません。フリーローンだからこそ、本当に必要なものなのかを一呼吸おいて考えてから借りるようにしましょう。手軽に借りられる分、金利は高くなっているのです。長く借りれば借りるほど、高い金利で損をしてしまいますから、フリーローンを利用することを決めたら、返済プランをしっかりと立て、一日でも早く完済するようにしましょう。

「フリーローン低金利.com」で検索

当サイトは「フリーローン低金利.com」で検索。

公開日:
最終更新日:2016/12/08