フリーローン低金利!おすすめ銀行&消費者ローンと審査

自由なお金を借りることができるフリーローン(カードローン)の低金利〈特集サイト〉です。銀行のお得な利用方法なども

*

山口銀行フリーローンは低金利?審査ゆるい?甘い?厳しい?

山口銀行フリーローン「おまかせ!やまぐち君」の審査基準

金融機関コード(銀行コード) 0170

山口県にある地方銀行として知られているのが山口銀行です。ここでは、フリーローンとして「おまか せ!やまぐち君」と呼ばれる商品が販売されています。このローンの特徴としては、どんな使い道でも大丈夫なほど自由に使えることが挙げられ、借換ローンに も使うことができます。

利用できる人は、20歳以上65歳未満で、安定した収入と返済ができることが条件になっています。この安定した収入の中には、年金収入や配偶者の収 入も含まれています。つまり、専業主婦でも借入することができますし、年金受給者でも借入することが可能です。また、山口銀行の営業エリア内に居住する人 か、もしくは勤める人であることも条件になります。総量規制の対象外になっていますので、年収の3分の1以上の借入をすることもできます。

限度額は10万円以上300万円以内で、1万円単位から借り入れることができますが、専業主婦や、パートやアルバイトの人は70万円までの限度額となります。使い道は上記の通り自由です。しかし、事業性資金に使うことはできません。

金利は8.5%~14.5%となっており固定金利です。借入限度額に合わせて金利が決定します。決定したら完済までその金利で支払うことになりま す。返済方法は、毎月の元利均等返済で、利息も含めて毎月同じ額を返済用預金口座から引き落とされます。また、ボーナス払いにも対応していて、この場合は 融資金額の50%まで対応可能です。

 


go-lp

カードローン金利が
1番安いのは?

メガバンク・ネット銀行を
含めた安心なローン会社の
金利一覧表はこちら ⇐



【 AUユーザー必見! 】
AUユーザーのあなたには
金利の優遇がある!

じぶん銀行カードローンの
金利と審査
フリーローンのじぶんローン
< 特集ページへ >


 

フリーローンやカードローンで借りた話等のコラム(山口銀行 非限定)

銀行ローンの審査とは

銀行ローンには、様々な種類があり、多くの方が利用しています。それぞれ銀行によって特徴があり、選ぶ際重要なポイントにもなります。ローンを組む ことは、お金を借りることにもなります。ですから、利用する場合、それぞれ銀行が用意している審査を受けることになります。審査の内容は、全て同じではあ りません。銀行独自のチェック項目があり、それらをクリアすることで、ローンを組むことを許可されます。銀行の審査は厳しいものが多いと言われています。 ですから、利用したい人全てが利用できるわけではありません。銀行ローンの審査内容は、銀行によっても異なりますが、ローンの種類によっても違います。年 齢制限、収入について、勤続年数について等、それぞれ違いがあります。又、パートやアルバイトでも可能なものと、そうでないものもあります。そして、融資 してくれる金額も違います。住宅ローンは、団体信用生命保険に加入できる人であることも、条件に入れているところがあります。ローンを返済している間に、 万が一のこともあるかもしれません。借入金額が大きい上に、返済期間もとても長いので、色々な心配があるのも事実でしょう。保険金で住宅ローンが全額返済 になるのは、安心の一つなのかもしれません。他にも銀行によっては、住宅ローンに色々な特徴を持たせているところもあります。便利に利用できる銀行ロー ン。計画的に利用して、ハッピーな生活にできたら良いですね。

金額の枠を自由に使えるのがフリーローンではないのはご存知ですか?カードローンとの違いを比較

銀行員が解説する「フリーローンとは?カードローンとの違いは?銀行融資を比較」というページから引用

融資は証書貸付が基本

融資の基本は証書貸付です。
そのため、住宅ローンも自動車ローンもフリーローンも目的別ローンもすべて証書貸付です。

カードローンだけが当座貸越

個人向けのローンの中ではカードローンだけが当座貸越です。
当座貸越にローンカードを発行し極度枠限度額の範囲内でカードを使用してATMから自由にお金を引きだせるようにしたのがカードローンです。
引用元:http://fundbank.jp/bank-freeloan/2197.html(←違いをもっと詳しく知りたい人は読んでみて)

 

ローンと銀行の利用法を知っておくと賢くなれます

ローンを組むときに、どこで借りるか、金利はどれくらいか、返済期間や融資可能金額など、ならべく自分に得なる方法はないか、いろいろと調べる必要 があります。金利一つとっても、借りる先が違うだけで、差がだいぶでます。返済が長期に渡るローンだからこそ、ちょっとした差が結果的には大きな差になり ます。そこでおすすめなのが銀行でのローンです。銀行は豊富な資金から、金利がローン専業者に比べて低くなっていることが一般的です。また銀行がなくなっ たりする心配も少なく、相談や対応も常識的ですので安心です。ローンと銀行の利用法はしっておくと、借り手の私達に得なことばかりです。まず銀行は豊富な 資金と固い地盤があるので、融資額の上限も比較的大口まで対応してくれます。ですから、急に大きな金額が必要になった時にでも、焦らなくても銀行のローン があると安心です。特に大口の融資が必要になることのある、事業者でも、条件がそろえば比較的融資に融通が利くのも特徴です。次に口座を持って、取引のあ る銀行ならではのお得な点があります。このローンと銀行の利用法をしっておくと、融資してもらうにあたって得ができます。銀行側としても取引があれば、大 切なお客様への融資になります。また口座をもっているなら、資金残高があるので、審査するにあたって信用度が高くなります。また今までの口座の流れから、 その人のお金の使い方もわかります。給与口座であれば、審査するにあたって収入減も明確なので、融資しやすいとも言えます。このようにローンと銀行の利用 法を知っておくと、どの借り方が自分に有利なのかがわかって損しません。

「フリーローン低金利.com」で検索

当サイトは「フリーローン低金利.com」で検索。

公開日:
最終更新日:2016/12/08