フリーローン低金利!おすすめ銀行&消費者ローンと審査

自由なお金を借りることができるフリーローン(カードローン)の低金利〈特集サイト〉です。銀行のお得な利用方法なども

*

横浜銀行フリーローンは低金利?審査ゆるい?甘い?厳しい?

横浜銀行フリーローン「ネクストプラン」の審査基準

金融機関コード(銀行コード) 0138

神奈川県にある地方銀行として最大であり、日本の地方銀行としても総資産などで首位になっているのが横浜銀行です。ここでは、横浜銀行フリーローン「ネクストプラン」という商品を販売しています。他にも、フリーローンとして「ミニマム」と呼ばれる商品もあります。

利用できる人は20歳以上65歳未満の人で、安定した収入があることが条件になります。安定した収入には配偶者の収入も含まれていますので、無収入の専業主婦でも借入することができますし、主婦であるパートの人であっても借入することができます。また、保証会社は株式会社クレディセゾンが担当しており、この保証を受けることができる人に限られます。

限度額は10万円から300万円までで、1万円単位で借入することができます。限度額になっていますので、審査内容によって決定されます。ですから、希望通りにはならない可能性があります。さらに、主婦やパート、アルバイトの人は30万円の限度額になります。使い道は自由ですが、事業性資金に使うことはできません。また、他者からの借換などに利用することも可能です。融資期間は1年以上7年以内になります。

金利は、年率4.8%~9.5%となっており、非常に低くなっています。変動金利で、短期プライムレート連動長期貸出標準金利を基準としています。保証人や担保を必要とはしていませんが、保証会社からの審査内容によっては必要になる場合があります。また、返済方法は元利均等返済になります。

 


go-lp

カードローン金利が
1番安いのは?

メガバンク・ネット銀行を
含めた安心なローン会社の
金利一覧表はこちら ⇐



【 AUユーザー必見! 】
AUユーザーのあなたには
金利の優遇がある!

じぶん銀行カードローンの
金利と審査
フリーローンのじぶんローン
< 特集ページへ >


 

フリーローンやカードローンで借りた話等のコラム(横浜銀行 非限定)

フラワーデザイナーの資格をフリーローンで目指すか?

私がフラワーデザインの教室に通い始めたのは、友人の誘いがあったから、そして「仕事以外の自分の趣味を持ちたい」という思いがあったから、というのが理由です。初めのうちは、先生の言うとおりに花を活けているだけで楽しかったのですが、1年、2年と続けるうちにフラワーデザイナーの資格を取りたいと思うようになりました。

先生に相談すると「日本フラワーデザイナー協会」の資格が知名度が高くて、取得者も多いということを知りました。3級の試験に合格をするには、半年~1年くらいはレッスンを受けていることが必要だそうですが、私はその実力があると、先生に励ましてもらえました。

ただ、3級に合格したのち、2級や1級の試験に合格するには「日本フラワーデザイナー協会」の会員になることが必要です。また上位の級を目指すには、レッスンにもお金がかかり、試験を受験する費用も掛かります。

私は銀行のフリーローンが使えるカードを持っているので、多少のお金なら用意できます。ただ会社員としての収入が急に増える見込みがなければ、フリーローンをどうやって返していくのか、という問題もあります。先生は「お花のレッスンを受け持つようになれば、収入も増える」「結婚式が多い週末だけ、式場などでアルバイトをしている人もいる」と言ってくれるのですが、正直迷っているところです。でも、お花と触れ合う仕事はとっても素敵だと思いますので、前向きに考えていきたいと思っているのです。

金額の枠を自由に使えるのがフリーローンではないのはご存知ですか?カードローンとの違いを比較

銀行員が解説する「フリーローンとは?カードローンとの違いは?銀行融資を比較」というページから引用

融資は証書貸付が基本

融資の基本は証書貸付です。
そのため、住宅ローンも自動車ローンもフリーローンも目的別ローンもすべて証書貸付です。

カードローンだけが当座貸越

個人向けのローンの中ではカードローンだけが当座貸越です。
当座貸越にローンカードを発行し極度枠限度額の範囲内でカードを使用してATMから自由にお金を引きだせるようにしたのがカードローンです。
引用元:http://fundbank.jp/bank-freeloan/2197.html(←違いをもっと詳しく知りたい人は読んでみて)

 

個人と金融でみる銀行ローンの必要性

消費者個人にとっても銀行側にとっても銀行ローンの必要性は十分にあります。まず銀行側にとっても銀行ローンの必要性ですが、これは言わずとも金利による利益を上げるためです。銀行は、個人や家庭のお金を預かることが主な仕事ですが、ここで利益を上げるのはほぼ不可能に近いです。しかし、預金により集められたお金を運用することで利益を得て企業として成り立っています。それが銀行ローンです。銀行は、多額の資金を基に色々なローン商品を取り揃えています。逆に言うとそれらのローン商品の利用が低下すると銀行の経営が危うくなります。そのため、金利や期間に応じた色々なローン商品を設けて利用を促進しています。他にも銀行経営で利益を上げる方法はありますが、これが最も利益が大きいといえるでしょう。一方、消費者個人にとっての銀行ローンの必要性とは、どのようなものでしょうか。銀行ローンを利用することで金利がかかるため一括で支払うことができれば一番出費を抑えることができます。しかし、高額な買い物となると資金を貯めるまでに時間がかかり意味がありません。そのため、色々なローン商品を利用します。最も有名なところですと住宅ローンがあげられます。何千万もする住宅を一括で支払うことができる家庭は、ごく僅かですが住宅の購入は誰しもが望んでいることです。金利はかかりますがローン商品を利用することで最も必要な時期に購入することが可能になります。また、住宅ローンには特約が付いている商品が多く、病気なので一家の主を失った際に返済を楽にしてくれるという魅力もあり、金利以外での借り易さがあり重宝します。

「フリーローン低金利.com」で検索

当サイトは「フリーローン低金利.com」で検索。

公開日:
最終更新日:2016/12/08